過去の記事を検索

TRANSLATE







経済学に関する本を購入するならAMAZON!!

1,株とは


特定の集団が、その構成員を身分・資産・業務などによって限定して認めた場合、

その資格が権利化したものをいう。


封建的な身分制度が確立した江戸時代に、

身分、格式、業務が世襲継承され固定してくると、これが株となった。

株には、主として社会的理由によるものと、経済的理由によるものの2種類が考えられる。

たとえば武士の御家人株、郷士株、町人の名主株、家主株、

農民の百姓株などは前者であり、商人、職人などが営業上の利益のために結成した

仲間組合の株などは後者の例である。

株は権利であるから売買、譲渡が行われた。

しかし御家人、名主のような身分は、実質上株化して売買されていても、

形式上は養子相続などの形をとり、表面には現れない。

しかし商人、職人仲間の株などは領主にも公認され、株仲間などがつくられた。

[村井益男]




出典 小学館 日本大百科全書




0 件のコメント:

コメントを投稿