スキップしてメイン コンテンツに移動

土壌







1,土壌とは


地表の岩石や地を広くおおっている未固結の自然物質を表土という。

表土は本来新鮮であった岩石や地層が風化してできた産物で,

通常は岩石や地層が風雨や日光にさらされ,気温変化を受けて,

次第に風化し,分解して砕屑 (さいせつ) 物になったものである。

そして,地表であるためにそこに多くの生物が発生し,その遺体や腐植の集積と変化,

その一部が分解してできた炭素化合物と,岩石・地層が分解してできた鉱物

二次的に生成された鉱物が混ざり,さらに水の溶解作用などが加わり,

長い間にはある厚さの部分が層状にいくつかに区分されるようになる。

これが土壌である。


土壌は典型的には表層から順にA,B,C,Dの4層に分けられ,


D層は下位の新鮮な岩石・地層そのもので,A,B,Cの各層はそれから由来したものである。

それらの垂直断面を土壌断面といい,各層は色調,化学組成,

粒子の配列,粒子の大きさがそれぞれ異なっている。






 
 A層有機物が多く,最も激しく風化と溶脱を受けている。


B層は中程度の風化を受け,A層の風化物が多量に集積する。

湿潤な温帯気候のもとではA,B両層ともケイ酸鉄や

アルミニウムの水和物 (粘土鉱物) を形成しやすいが,

B層はA層から浸透してくる水によって運ばれた粘土鉱物に富んでいる。

C層はA・B両層をつくった母材の層で風化した岩石部分である。


土壌断面にはいつでも各層がみられるとは限らない。

A層が浸食によって失われる場合,高所からの表土の移動で乱される場合,

まだ十分土壌が発達せず区分しにくい場合もある。

土壌の厚さは場所によって異なり,

一般に高温湿潤な熱帯では深くて厚さ数mにもなるが,

寒帯では十数 cmにしかならないところもある。

地球上では気候と自然植生の違いに応じて土壌帯が形成され,

北半球の大陸では高緯度から順に,永久凍土上に夏生育した

コケ類の遺体を母材とする泥炭状のツンドラ土,

湿潤寒冷気候の針葉樹林下にはケイ酸に富む灰白色のポドゾル性土壌,

湿潤温帯の落葉広葉樹林下に広く分布しA層は暗色であるが

B層が酸化鉄で着色された褐色森林土,西南日本の丘陵,

台地上に分布する酸性の赤黄色土,

日本など火山の多いところに分布する腐植の多い黒色の火山灰性黒ボク土,

大陸内部の乾燥地では腐植に乏しく塩類が地表に集積した灰色の砂漠土,

湿潤な熱帯では風化と溶脱を強く受けた赤色のラテライト性土壌などが分布する。

このように土壌には種々な色調 (土色) がみられるが,それは分解した有機物,

鉄化合物,石英・カオリン・雲母など土壌鉱物の3要素に支配される。

有機物の腐植は暗褐色または黒色の砕屑をなして土壌鉱物に付着し,

排水が悪く通気性が不十分であると鉄分の還元と

嫌気性微生物の腐敗によって灰色になりやすい。

有機物が少いと赤鉄鉱や褐鉄鉱のため赤や黄色になる。

土色は土壌の生成とそれに働いた作用が表われているので,

農業生産の指標としても重要である。







土壌に含まれる化学成分は鉱物質と有機質に大別される。

鉱物は母材が風化して細かくなったが,あまり変質していない一次鉱物,

すなわち石英と長石,雲母,角閃石,輝石などのケイ酸塩鉱物が多くを占める。

それと,岩石や上記ケイ酸塩鉱物が風化によって生じた二次鉱物,

すなわちケイ酸アルミニウムとケイ酸鉄の複合体である粘土鉱物である。

花崗岩のような酸性火成岩に由来する土壌は比較的ケイ酸分が多く,

玄武岩のような塩基性火山岩に由来するものは酸化アルミニウムや鉄分に富む。

有機物は植物,動物,微生物の組織とそれらの分解物で,土壌には種々の程度に含まれる。


地球全体からみれば,土壌は薄い地殻のそのうちの表面を占めるにすぎないが,

人類にとっては生活していくために必要な食糧,衣料,住居の材料を供給する場でもある。




コメント

このブログの人気の投稿

重いものと軽いものを地面に落としたら?

重いものと軽いものを地面に落としたら どっちが早く落ちるのか? 結論からいうと、どちらも変わらない。 (*しかし、空気がある世界では、より軽く、よりやわらかく、 表面積が大きいものが 遅く落下する。 ペラペラの紙切れがゆっくり落ちていくのが最たる例である。) 物理学の世界では、 物体を自然と落とすことを 自由落下 という。 では、なぜ重いものと軽いものが 同時に落ちるのか、思考実験といわれる 頭の中で実験をして確かめてみよう。 空気抵抗が無いもの、つまり 真空中 と 仮定して話を進めてみる。 【真空中…空気が全くない状態。】 1gのものと、1gのものを同時に落としたら、 同じ速度で落下することは納得できると思う。 では、1gのものと2gのものは? と考えてみよう。 2gのものは1gのものを1+1=2個くっつけただけであり、 それ以上のものではない。 くっついたというだけのことで落下速度が速くなるのであれば、 分割すれば遅くなる ということが推論できる。 じゃぁドンドンと分割していくと、 そのうち落下しないで 空中に止まったままになるのか? とまぁこんな感じの思考実験をすることで ある程度納得できるのではないかと思いますが、どうだろうか ? では、実際に理論的に説明していこう。 重い物に働く重力の方が軽い物に働く重力より大きい。 重力 (mg) =質量 (m) ×比例係数 (g) … ① この公式は中学物理で出てくるものである。 比例定数は重力加速度=gと呼ばれ、 厳密には  g= 9.80665[m/s² ]  と定義されている。 同じ力を加えても 重い物 の方 が 軽い物 より 動かしにくい 。 加速度 ( a :   m /s 2 ) =加える力 ( F: N) /質量 ( m: kg)    … ②  ②…これを運動方程式という 【*物理学で力は記号でFを表す。単位はN。】 これも経験があるのではないだろうか。 次のような経験がないだろうか? ・同じ重さなら加える力が大きいほど良く加速する。 ・同じ力なら軽い物ほど良く加速する。 物体に加える力が重力だけの場合は、 ①を②に代入して、 加速度=加

儀礼的無関心

1,電車での出来事 電車の中では、 ふつうであれば夫婦や親子など 親密な関係にある人間しか 入ることを許されない密接距離や、 友人同士で用いられる個体距離のなかに 見知らぬ他人 が入りこんでくるということから、 別の規則が派生してくる。 私たちはたまたま電車で隣り合って座った人と 挨拶を交わたりしないし, ふつうは話しかけることもない。   私たちはあたかも 自分の 密接距離 や 個体距離 のなかに 人がいることに   気がつかないかのように、 それぞれ新聞や雑誌を読んだり、 ヘッドホンをつけ 音楽を聴いたり、携帯電話をチェックしたり、 ゲームをしたり,あるいは 目をつむって考えごとをしたりしている。 それはあたかも 物理的に失われた距離を心理的距離によって 埋め合わせているかのようである。 アメリカの社会学者 E. ゴフマン( 1922 ~ 82 )は, 公共空間のなかで人びとが示す このような態度を 儀礼的無関心 と呼んだ。 2、具体的に儀礼的無関心とは どのような状態で 行われるのか? 「そこで行なわれることは、 相手をちらっと見ることは見るが、 その時の表情は相手の存在を認識したことを 表わす程度にとどめるのが普通である。 そして、次の瞬間すぐに視線をそらし、 相手に対して特別の好奇心や 特別の意図がないことを示す。」 電車のなかで他の乗客にあからさまな 好奇心を向けることが 不適切とされるのはそのためである。 たとえば, 電車のなかで他の乗客をじろじろ眺めたり, 隣の人が読んでいる本を のぞきこんだりすることは不適切と感じられる。 例外は子どもである。 子どもは他の乗客を指差して 「あのおじさん変なマスクをしてる」 と言っても大目にみられるし, 逆に子どもに対してはじっと見つめることも, 話しかけることも許され

地中海式農業

1,地中海式農業 地中海性気候 、すなわち冬季は温暖・湿潤、 夏季は高温・乾燥の気候地域にみられる農業様式。 商品作物としての耐乾性樹木作物と自給作物としての 小麦栽培 に、 ヒツジ、ヤギの飼養を取り入れた 有畜農業 である。 とくに耐乾性作物であるオリーブ、イチジク、ブドウ、柑橘 類、 コルクガシなどの栽培は有名で、なかでもオリーブは標式的な樹木といわれている。 伝統的な 地中海式農業 は、 小麦 ・ オリーブ ・ ブドウ の三大作物の栽培とヒツジの移牧を特徴とする。 しかし、 灌漑 農業 の普及や農業改善事業の進展などで、 オレンジ、レモン、野菜・花卉 類などのより商品性の高い作物の栽培が 盛んになる一方、 移牧 は衰退しつつある。 地中海式農業が典型的に発達する地中海沿岸地方では、 山地斜面まで石材などを利用した 階段状耕地 が造成され、 独特な景観をなしている(イタリアのアマルフィやチンクエ・テッレなど)。 イタリア半島 南部やイベリア半島では大土地所有制度が残存し、 多くの零細農からなる農村では、 伝統的な農法による生産性の低い農業が営まれている。 地中海式農業地域としては、 このほか近代的な灌漑施設を整えたアメリカのカリフォルニア地方をはじめ、 チリ中部、アフリカ南西部、オーストラリア南部などがある。 [新井鎮久・井村博宣] リンク リンク