過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第8章その1





「なにこれ」

僕らは驚愕した。

ここで僕だけでなく、西山も含めたのは、

表情から察しただけでなく、そうあって欲しかったからだ

今、見ているこの情景に疑いと不安を覚えたのだ。

扉を開けると、大勢の人がいたからだ。

僕は確認していた。

電車に乗り込む時には僕ら以外の乗客など見る影もなく、

この電車は僕らがいた駅が始発だった。

しかし、僕の網膜という名のスクリーンには、

軽く50人はいるんじゃないかと思うほどの人だかりが映し出されている。

まるで平日の通勤ラッシュの時のようだ。

西山も今の状況が異様な様であることはわかった。

「とりあえず、運転席まで行ってみよう」

呆然としているのか、ただ首を縦に振るだけだった。

本来ならばいるはずのない人混みの中をかき分けていった。

通り過ぎていく顔を見ると、本当に生きている人間のようだ。

きっとこれも、西山が作り出したものなのだろうか。

だとしたら、これはすごい規模だ。

平木は一部屋だったなのに、西山は電車なのだから。

ならば、西山は平木よりも悩んでいるということなのか。

いや、憶測できるものではないはずだ。

僕は悩み部屋については何も知らないんだ。

行く先も分からない切符を無理やり握らされた、

哀れな男子高校生といったところか。

その切符は手放すには惜しく、乗ってみるにはあまりに怖かった。

汗で切符がぐちゃぐちゃになりそうだ。


続き←ここをクリック




0 件のコメント:

コメントを投稿