過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第9章その1











「いい加減にしてよ!」




クラスメイトたちの動かしていた手が止まった。

しかし、カチャ、カチャ、…と時計の針だけは止まることなく、

時間は前のめりになるほど、刻一刻と進んでいくようだった。

女の子が怒るのは迫力がある。

相谷は普段から感情の起伏が激しい奴だとは思っていたが、

こうやって、大衆の場で怒ることができる人間だとは思わなかった。



なぜなら、彼女は準一軍、いわゆる二軍に属する人間であり、

クラスにおいて優位的な立場ではあるが、

絶対的な地位を獲得しているわけではない。


周囲を見渡すと誰かがこの気まずさを何とかしようと、

しゃべろうとしているのがわかったが、

ひりついた空気にのまれて、出るはずの声が出ないことを察した。



教室に緊張がずっと一人歩きをしている時、僕はこの状況を不憫に感じつつ、

未開の地にたどり着いたような高揚感と期待に胸を躍らせている

だが、そう思っていても、この空気には良心がちくちく痛められる。

それは汲み取って感じるものであり、教えられてわかるものではない。

知識ではなく、経験は教育ではどうにもならないということだ。

とにかく、こういう空気をくみ取ることができない奴は、

いわゆるKYと呼ばれる蔑称が与えられる。


僕らは言葉だけで言葉を理解しないし、できるわけがない。

だからこそ、1年3組はこんな状況になったのではないだろうか。

何はともあれ、こんな僕らを理解してもらうには

二日前までさかのぼらなければならない。







0 件のコメント:

コメントを投稿