過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第8章その13








その12←ここをクリック






日曜日だ。

目覚めると、それは日曜日だった。

僕の日曜日は、その名前とは程遠い、最も日に当たらない曜日だ。

なぜなら、家に出ていく理由がないからだ。

友だちと遊びに行くとか、買い物や趣味のために出かけることもない。

寂しい奴だな、と思う気持ちはわかる、

でもそれは僕の考えをすべて明らかにしてからでないと、

果たして言えないことだろう。

まぁ、最後まで考えてほしい。

なら、家で何をしているんだ?、と思うだろう。


何も無いのが答えだ、つまり、何もしていないんだ。


ここで言う何もしていないっていうのは、ぼーっとしている時間が多いということで、

隙間の時間には、テレビを見たり、ネットサーフィンをしている。

だから、まったく何もしていないわけじゃない。


でも、他人に「休日は何してる?」と聞かれても、

何かしていると答えることは違う気はするし、

何もしないと答えるには何だか恥ずかしい。


僕の器は小さじ一杯をすくうスプーンと同じくらい、小さいことに気づく。

悪いことのように感じる、しかし、それくらい小さいと、

食べるには使いやすいし、いろんな用途がある。

逆に大きい器はラーメンを食べるときくらいしか使わない。

要するに便利なのだ、何もないっていうのは。


れは休日の過ごし方でも同じことが言えると思う。

「何もしない」とは、予定を入れることが容易であるし、いろんな使い道ができる。

「常に趣味や友だちに費やしている」とは、新しいことや予定外の出来事に対処できない、

つまり、余裕がないんだ

まぁ、屁理屈と言われれば、言い返すことはできないだろうな。

でも、それくらいの考えが僕にとっては気楽であり、

何か背負う忍耐よりも、捨てる勇気が欲しい、このごろそう思うんだ。

立派に生きるには、汚いこともしなくちゃいけなかった


それから、朝食を食べるために、洗面所に行き、歯を磨いた。



続き←ここをクリック



0 件のコメント:

コメントを投稿