過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第8章その4







その3←ここをクリック





「私は裏切ったんだ。大事な親友を」

二つ目の車両の越え、連結部に行ったところで、西山は告白を始めた。

それは僕にというより、自分に釈明しているように感じた。

いや、きっとさっきの言葉に反応しているんだ。

下を向いて、座りこんでいるのに、僕の目には倒れ込んでいるような雰囲気だった。


「大丈夫か?」


大丈夫なわけがないのに、無責任にもそんな言葉を吐いてしまった。

軽く、手を指しのべようとしたが、今の西山にこの手がつかまれることはないと思う

西山の肩は小刻みに震えていた。

まるで初冬の朝にいるように、縮こまっていた。

ああ、嫌だ。

女の子が泣いているのを見るのは嫌だ。

自分の無力さを痛感するだけなんだ。

どんな言葉をかけていいのかもわからなかった。

人がトラウマという沼に浸っている時、

そこから引きずり出す方法なんて知るよしもない。

あの時のような、奇跡が起きるわけもない。

今の僕には唇をかみ、拳を握ることぐらいしかできなかった。

だって、裏切れるほど、他人と仲良くなった記憶と自覚がないからだ



続き←ここをクリック





0 件のコメント:

コメントを投稿