過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第8章その7








その6←ここをクリック






「なんでいい子をやめなくちゃいけないんだ!」



僕の中で何かが切れた。





「僕は知ってるぞ。


西山が愛想笑いをしてるって、


僕は知ってるぞ。


西山は誰にも嫌われないように生きているって。


そんなこと、ついこないだ話したばっかの一クラスメイトでもわかるさ。


だから何なんだ?


いい子はやめて、正直に生きろって?


ありのままを生きろって?


ふざけんな。


僕は知ってるぞ、1人になる辛さも寂しさも


人気者になる優越感も虚栄心も、


いい子はいい子になりたくてそうやってるんだ。


ありのままじゃ誰も向き合ってくれないんだよ。


臆病で何が悪いんだ。


卑怯で何が悪いんだ。


戦ってんなら、怯えることも汚いことも


かばってくれなかった?そりぁ、ひどいよ。


けどな、それならお前は一人で立ち向かえたのか?


選んだ方の結果が恥ずべきことだったからって



選ばなかった方が偉いわけじゃないだろ。」



続き←ここをクリック









0 件のコメント:

コメントを投稿