過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第9章その2






その1←ここをクリック




「体育祭まであと一週間余りとなった」

寝つきが悪い日曜日が明けて、今日は月曜日だ。

授業が終わり、ホールルームで秋山先生は体育祭について何か言っている。

すでに各々が出場する種目は決定し、後は舞台の準備とリハーサルについて、

もう十分以上は聞かされている。

秋山先生が笑いながら、いつもより雄弁になっている理由を僕は知らない。


この教師は人間的には嫌いではないが、僕とはまったく違う人種だなと、

三カ月の付き合いだが、はっきりとわかる。


理解できない言動は多々あるが、

まずはなぜ教師まで気分が高まるのかが分からない。

もう何度も経験していることだろうし、

仮に優勝できたとしても、何か特典があるとは思えない。

正直、真面目に聞いている者は一番後ろの席から見る限り、

見る影もなかった。


相変わらず、平木は退屈そうに本を読んでいる。

もう、この少女の人の話や意見に聞く耳を持たない感には慣れ始めた。

まぁ、いつもなら、この度胸に目を見張るが、

今日に関しては、平木に共感している

僕もそろそろ手元にある携帯を触りたくなってきた。

四月、五月頃は、慣れない高校生活に不安と戸惑いがあった。


いるはずだった空白の右隣の席、友だちとは呼びがたいクラスメイト、

口やかましい家族、どこにも見えない進路、飛び降りた僕と少女、そして悩み部屋

新しいことが雪崩のようにせまってきた。


でも窓の景色は、その雪崩への不安を和らげてくれた。

それくらい美しく、遠く見えたんだ。


続き←ここをクリック




0 件のコメント:

コメントを投稿