過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第9章その3





その2←ここをクリック




しかし、このごろは外の景色は見ていない。

そろそろ外の景色を見るのも飽きてきたところだった。

それにこないだ、英語の矢崎先生に英語で注意されたばかりだ。

だから、最近は無駄だと思った授業時間は、携帯でマンガを読んでいる。

まぁ、特に面白いと思っているわけがあるわけでもないんだが。


そのせいか、まったく話の内容が入ってこない。


親しみを感じない赤の他人と話しているような気分だ。

それか、悪いことを自覚しているからかもしれないな。


秋山先生はもう二十分近く体育祭について話している。

体育祭ごときでそんなに饒舌になれるのなら、

先週の土曜日に起きたことを説明してほしいくらいだ



「先生、もうみんな、飽きちゃってますよ」



三十代の体育教師のようなゴリゴリのおっさん(国語教師)に、

そんな大胆な言葉を発するとは、一体誰だ。

いや、本当は分かっている。

答えは僕の平凡な土曜日を潰してくれた三組の学級委員、西山だ。

僕の目にはいつも通りの可愛らしい笑みを含んだ立ち振る舞いで、

学校生活を送っているように映る。

西山は変わることなどなく、良い子を演じているようだった。


「悪い、悪い。ついつい、暑くなってしまった。

本題は西山と新田が代わって話してくれ」


そう言い残し、秋山先生は教卓から端っこに移動した。

逆に、まだ本題に入ってなかったのか…。


続き←ここをクリック




0 件のコメント:

コメントを投稿