過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第9章その4






その3←ここをクリック




「みんなの知っているとおり、本番にむけて、後はリハーサルと準備だけなの。

それでリハーサルは明日の授業時間を使ってやるから問題ないの。

でも、実は準備が…教師、学級委員、体育委員でやる予定だったんだけど、

思ったよりも作業が難航して、ちょっと間に合いそうにないの」


何だか嫌な予感がする。


「そこで、学級委員会の話し合いで、

一年の一つのクラスが手伝いをすることが決まったの」


心にしこりができている。

いや、まだ信じよう。

僕の直感は当たらないはずだ。


「…で、言いづらいだけど、そのクラスがうちの三組になったの」


しーんとなった。

みんな、黙って聞いていたが、西山の最後の台詞の後、

しーんと教室の空気が無表情になったようだ

おそらく、パニック状態で状況を理解していないのだろう。


もう数秒後に、数多の怒号が西山と新田に飛び交い、

教室の空気が怒りの表情を露わにするだろうな。

西山、君は誰であっても寛大で寛容だが、人が怒るポイントをわかっていない。

平民は自由を奪われることを最も嫌うのだ。

それに抗えば、僕たちは怒りという名の蜂起を起こす。

そう、フランスのテニスコートの誓いのように。



「まぁ、しょうがないな

「それっていつやるの?」

「できれば、私は放課後がいいな、朝弱いし」

ワーワー、ワーワ―、ワ―ワ―…。


続き←ここをクリック




0 件のコメント:

コメントを投稿