過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第10章その13








その12←ここをクリック





「ふ~ん。いろいろあるんだね」


西山は他人事のように話を逸らした。

おそらく一軍の奴らは、言葉の重みってものを知らない

それは人を傷つける言葉だけじゃない、褒める言葉だってそうだ。

「すごい」とか「面白い」とか、簡単に使っちゃいけないんだ。

僕のような弱い人間は、それだけで何かを期待してしまうんだから。

強い人間ほど、言葉選びができない。

傷つける言葉だけが、人を傷つけると思っている。

だからこそ、彼女は友だちを裏切ってしまったんだと思う

褒める言葉が人を傷つけることもある、

そのことに彼女はいつになったら気づけるんだろうな。



静かに続いた会話から五分ほど経て、職員室に着いた。

西山は書類を提出する為に、中に入っていった。

僕はやることもなく、ただ外の景色を眺めていた。

するとすぐに西山が帰ってきた。


「ごめん、じゃあ行こっか」

いつになく、西山の顔が固くなっていたので、

この先に行くのが少し怖くなってきた。

「どこへ向かうの?」

だから、答えを先に求めてしまった。

西山は上を指差して、こう言った。


「屋上」


続き←ここをクリック








0 件のコメント:

コメントを投稿