過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第10章その6





その5←ここをクリック


「お疲れ~。みんな、順調に進んでる?」


西山が帰ってきた。

教室のドアを開けて、黙って来ないあたり、一軍なんだなぁと改めて思い知らされる。

そして、彼女がいると、クラスの雰囲気がガラリと変わる。

ピリピリしていた女子たちは、西山を囲むと表情が和らいでいく。

サボっていた男子たちも、さっきまで馬鹿みたいにはしゃいでいたのに、

彼女が来ると、バツの悪そうな顔をしていた。

これを魅力と呼ぶのか、権威と呼ぶのか、僕にはわからないが、

ただ確かなのは、西山はすごいってことだ。


「羽塚くん、すごーい。一人でこれだけやったの?」

塗っていると、僕に声をかけてきた。


「塗り方も綺麗だし、もしかして美術部入ってるの?」

「皐月~、どうしたの?」

「羽塚くんがこの柱の一面塗ってくれたんだって」

「どれどれ?見せて」

「本当だ、綺麗~、平木さんと変わらないぐらい」

そりゃ、そうだ。平木が教わったんだから。

「羽塚ってこんな特技あったんだぁ」

「だったら、もっと早く言ってくれればよかったのにぃ」

生まれて初めてだ、こんな複数人の女子から褒められたのは。

まあ、半分はまやかしだけど。


「ああ、いけない。そろそろ行かなくちゃ」

「また、委員会か?」

「うん、じゃあ、また戻ってくるね

そう言い残し、西山は教室を去っていった。

西山が去ると、囲んでいた女子たちはあれよあれよという間に、

僕の周辺から去っていった。

まったく、なんてわかりやすい奴らなんだ


「おい、羽塚」

僕が手を絵の具塗れにしている間、馬鹿みたいに遊んでいた小西だ。

「小西、なんだ?」

バツの悪そうな顔をしている。

「それどうやって、やんのか教えろよ」

他の連中も小西の後ろでもじもじしている。

お前らの恥いる姿なんて需要がないぞ、と言ってやりたい。



平木を一人でノートを持って行かせたこと、

西山とLINEでやりとりしていることを言ったこと、

特に、お前にはいろいろ恥をかかされたものだ。

「わかった」

まあ、これでクラスが一つになるなら、安いもんか


続き←ここをクリック








0 件のコメント:

コメントを投稿