過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第10章その7





その6←ここをクリック




気づけば、遊んでいた男子たちが手伝うようになっていた。

ひりついていた空気は無くなり、僕の仕事は完ぺきに奪われてしまった。

やることもなく、窓の景色を眺めていると、平木が隣に来た。

「まさか羽塚くんにあんなに女子から人気を博しているなんてね」

グランドには、陸上部、サッカー部、野球部が練習している。

もうすっかり日も落ちて、空から青と橙色が消えていく。


「いや、あれは嘘だよ」

「どういうこと?」

「西山に頼んでおいたんだ、教室に戻る前に。


作業している僕を褒めてくれって。

西山が褒めれば、クラスの女子も当然それに乗っかる。

たかだが、柱の一面を塗ったくらいで女子に褒められるのなら、

男なら、やってしまうものさ。

特に小西とか女子にあんまモテない二軍の奴らはな。」


「その言い方じゃ、自分は二軍とは違うと軽蔑しているようね」


「いや、僕だって、女の子に褒められるのは好きだよ。

ただあいつらみたいに、手のひら返しで生きるような様にはなりたくないな」


「まぁ、おかげで二軍の男子たちが手伝うようになって、

金曜日までには終わりそうね、大手柄じゃない。」


いや、これは僕のものじゃない。

文田や平木、西山、クラスの女子のおかげで成り立った作戦であって、

とうてい僕一人じゃ成し得なかった。


「でも、それなら、西山さんに男子たちを注意するよう頼んでおいた方が、

あなた的には楽だったんじゃない?」



さすが、平木だ。常に色んなやり方を考えている。

この少女の頭の良さはこういうところにあるのだな、と思った。


「それは無理さ。だって、西山は誰を注意するのが苦手だから」


「どうして、そう思うの?」


「そりゃ….」 

西山は良い子だから。

良い子は誰にとっても、良い子でなくてはいけないのだから。

でも、それを言葉にして言うわけにはいかない。


「まぁ、あなたにこんな力があったなんて、少し見直したわ。

これから呼び名を童貞クソ野郎から、童貞に変えてあげる」


「ああ、それでいい。それでいい」



後ろを振りかえると、みんなが後片付けをしていた。

時計を見ると、六時五十分だった。

「どうやら、今日はここまでのようね」

そう言うと、平木は自分の席に置いていた鞄を手にした。


「平木、一緒に帰らないか?」


続き←ここをクリック




0 件のコメント:

コメントを投稿