過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第11章その13





その12←ここをクリック




「両親には感謝してるよ。言っていることも間違ってはいないと思う。

でも、私が通いたいなんて一言も言ったことないし、

何でそこまで名門にこだわらなきゃいけないのか、わからなかった」

西山はしばらく語り終えた後、深く息を吐いた。

「だから、ここは楽しいよ」

そう言って、ただひたすら遠くを見ているようだった。

彼女が一体何を思って、何を言いたかったのか、僕にはわからない。

けど、その言葉は以前よりも神妙さを帯びているような気がした



「ごめんね、愚痴みたいになっちゃったね」

少し困ったような顔を向け、僕に笑って見せた。

なんで謝るんだろう?

君は自分を変えようと努力し続けているのに。


「それで心が軽くなるなら、僕に話せばいい。


僕は西山が変わるのを見ていたい」


何かが見つかるかもしれない。


こんな僕でも女の子の涙を止めることができるかもしれない。

特別とはいかないとも、誰かのささいな支えにはなれるかもしれない。 

それから、たくさん馬鹿話をした。

昨日、ソファで寝ている時に母や妹に蹴飛ばされたことや

そうめんを食べてむせた直後に鼻からめんが出てきたこと。

いつも四組の委員長として、一軍の長として、

完ぺき美少女として笑ってくれる西山とは違う。

「心から」、かはわからないが、いつもと違うというだけで嬉しかった


続き←ここをクリック









0 件のコメント:

コメントを投稿