過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第11章その7





その6←ここをクリック





「今年の夏は例年よりもさらに暑く、お出かけの際は…」

なんてことはないニュースを見ながら、冷やし中華を食べていた。

誰もいない昼間のリビングは、いつもより涼しく感じた。

両親は仕事、妹は高校受験に向けて夏期講習に行っている。

僕はここ二週間、夕方まで一人の時間を過ごしている。


夏休みに入り、僕の生活は堕落の頂点に達し、あっという間に二週間が経った。

好きな時間に起きて、映画を見たり、ゲームをしたり、本を読んだり、

とにかく孤独の時間を満喫した。

しかし、これといって楽しいわけじゃなかった。

ただやることのない毎日の暇つぶしのためにルーティン化されたものだ。

もう七月も終わりが差し掛かっているのに、宿題の内容さえ確認していない

やらなければならないことはわかっているのに。


それでも本音は机に向かうことを拒んでいる。

時間だけがみるみる経ち、同時に蝉の鳴き声と暑さも増している。

リビングのカレンダーを見ると、もう八月のカレンダーになっている


八月二日、もうすぐだ、夏祭りが開催される。

平木に電話をかけようか、迷っている時に西山から電話がきた。

いつもならLINEでメッセージとして送ってくるのに。

ポケットから残りバッテリー20%の携帯を取り出した。


「もしもし」

西山の久しぶりに聞く声だ。


「もしもし、どうした?」


「夏休み、どうしてるかなぁって。当ててみようか?

いや、そんなくだらないことのために電話してきたのか?



続き←ここをクリック



0 件のコメント:

コメントを投稿