過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第9章その10







その9←ここをクリック




「何で?」

口調だけは冷静を装った。


「いや、お前が西山とLINEしてるって聞いたから」


ハァ、そういうことか。

やはり、あれだけの人気者だと、

他人とのプライバシーの境界線もかなり薄くなってしまうんだな

いや、今はばれたことを嘆くよりも、

こいつとの会話をどう終わらすを考える必要がある。

要するに、
小西は納得していないのだ。

僕が分不相応にも西山を狙っていることに。

まぁ、全くの誤解であり、勘違いにもはなはだしいが。


「僕が西山を狙って、付き合えるわけないだろ」


当たり前で、平平凡凡たることを言った。

獲物を狙っている者には、その獲物を狙う度胸も気概もないことを示せばいい。

「そうだよな。悪い、ちょっと気になったもんだから」


そう言って、小西は同じサッカー部がいるグループのところに戻った。

正直、お前が西山と釣り合う可能性も皆無だぞ、と言ってやりたかったが、

話がややこしくなりそうなので、頭の中だけにしておいた。


…僕が西山とは釣り合わないか。

分かっていることを口にするのは、何だか嫌だな。

きっと自分は学校の中じゃ中の下くらいの存在で、

これからもあんな奴に馬鹿にされて生きていかなきゃいけない。


学校に行って、勉強して、家帰って、飯食って、寝て、学校に行く。

そんな毎日なら抜け出せずにいる。

特別なことはすぐそこにあったのに、僕はまだ唇を噛んで、眺めているだけだ。

へばりついた絶望が心に風穴を開けたように虚しさを感じさせる


「男子、ふざけないで、ちゃんとやってよ」


続き←ここをクリック








0 件のコメント:

コメントを投稿