過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第9章その14





その13←ここをクリック




水曜日、新田の言う完成期限までは今日を含めて残り三日になったが、

放課後の教室には、全体の半数程度しかいないようだった。


一昨日から比べると、みんなの動きにキレというか、やる気が感じられない。

作業的にはまだ半分程度といったところで、この調子で人数が減っていき、

作業スピードも下がれば、おそらく金曜日までには終わらないだろうな。


「いい加減にしてよ!」


荻島が、昨日以上の怒号で、遊んでいる男子たちを注意した。

なぜ二軍の長である荻島がここまで権威を笠に着ているのは、

新田や西山は当然のこと、その他の一軍連中は、部活やら用事で帰ったので、

荻島をなだめられる者はここには存在しないようだ。


注意された男子たちも昨日は納得していたようだが、

今日は口では謝っていたが、真剣に作業に加わる気はないように見えた。

下げた机や椅子が今にも崩れるんじゃないか、そう思うほど、

教室の空気はピリピリしていた。

全体の半数程度しかいないクラスメイトが、さらに半数に二分化されたようだった。

結局、このクラスは西山や新田にしかついていく意志がない。

カリスマ性の意味はわからないが、僕も今の荻原の味方したいとは思えない。

別に間違ったことを言っているわけではない、むしろ正しいことだ。


それでも、僕らはこの体育祭の準備はボランティアでやっているわけで

他クラスは何も手伝わず、自由に帰ることができている

つまり、僕らが放課後残っているのは、善意であり、仕方がなくなのだ


続き←ここをクリック











0 件のコメント:

コメントを投稿