過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第9章その15



その14←ここをクリック






何を偉そうに言っているんだ、それなら、帰ればいいじゃないか、

という意見もあるかもしれない。

でも、この状況で帰るのだって、勇気のいることだ。


この作業は僕らの一年三組に任されたことであり、

もしここで何の用事もなく、ただ帰ってしまえば、

西山と新田の顔に泥を塗りたぐることになる。

何の理由なく帰ることはできないし、

かといって何で三組だけがやらなきゃいけないんだ、

という葛藤が心の中にあるんだろう。


最初の一日、二日は初めてのこともあって、楽しくやれたが、

三日目にもなると、もう帰りたい気持ちと不公平な配分に不満があふれてきても、

不思議ではないのだ。

荻原はそこに気づくことがおそらくできていない


昨日、小耳に挟んだことだが、彼女は陸上部所属で、

一年の六月の時点ですでに三年の男子キャプテンと揉めたようだ。

どうやら、彼女はどんな立場でもいい加減な人間が許せない、気まじめな性格で、

そのせいで彼女の人物評価はくっきり二分されている。


昨日と同じように、チューブ絵の具を絞って、パレットに移していると、

柱を塗っていた平木が、僕の方に近づいて、


「羽塚くん、赤のチューブ絵の具が足りないから、取って来てくれない?」

と言った。

よく見ると、彼女の腕や手がまったく汚れていないことに気づいた。

僕なんて、チューブ絵の具を絞って、パレットに移しているだけなのに、

手は絵の具まみれで臭くなっていた。


「わかった」

別に拒む理由もなかったし、この空気を味わうのも辛くなってきたので、快く承諾した。

教室から出た僕は、トイレで手を洗い、また、美術室に行くことになった。



次章←ここをクリック


目次←ここをクリック





















0 件のコメント:

コメントを投稿