過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第9章その6



その5←ここをクリック



「何してるの?羽塚くん」

右隣で声が聞こえた。

「何で残ったんだ?」

「いや、あなたがいたから」

ドキッとした。

入場門の二つの柱が教室に持ってくるまでの間、

僕は平木と話すことにした、いや、話したかった


「なぁ、平木」

「何?」

「どうやったら、授業中に関係ないことができるんだ?」


「僕は怖いんだ。恥をかくことも、悪者になることも」


「私はやりたいことをやりたい。

理由なんて、それで十分なのよ」


「私は世の中ってつまらないと思うの。だから、勉強するの、本を読むの」

話に引き込まれた。




「羽塚くんがこれから何をしたい?」

その綺麗な強い目で、僕を見ている。

何も言葉が思いつかない。つっかえているわけではない。

本当に何も思い浮かばないのだ。



「あなたは、何のために生まれてきたの?」


そう言って、平木はみんなの手伝いをしていた。

僕は驚いていた、そして、みんなも驚いていた。

なぜなら、平木がそんなことをする人間だとは、

今までの行動からは読めなかったからだ。

でも、みんなに話しかけられている。

あまり反応している様子はないが、とけこんでいるように見える。

傍からみても、平木は誰もが畏敬の念を抱く気持ちを抱かれている。

しかし、そこに、意外な親しみを含まれ、もう無敵艦隊になったように思えた。

なら、一人の僕は、川に流れる笹舟なのかもしれない


続き←ここをクリック



0 件のコメント:

コメントを投稿