過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第9章その7






その6←ここをクリック




次の日も放課後に残ることになった。

しかし、昨日よりかは数人くらい減っているように見えた。


正直、僕も今すぐに帰りたいのだが、

部活動も習い事もしていないから言い訳なんて思いつかないし、

家の用事なんて、いかにも胡散臭い嘘に思われそうで怖い。

それになぜか、平木が今日も残っている。

そのことに違和感が覚えるせいか、帰ることをさらにためらってしまう。

今日はさらに、みんなから話しかけられている。

どうやら、平木は美術が得意なようで、塗り方や水の配分をみんなに教えている。

僕は特にやることもないまま、何かをやっている感を出しながら、

平木とその周りを眺めていた。

すると、あるクラスメイトの男が僕に近づいてきた。


「おい、羽塚」


何やら、少しイライラしながら僕に声をかけてきた。


まずい、何もしていないのが、ばれたのか。


「羽塚、先生が視聴覚室でお前を呼んでいるぞ」


ばれていないことにホッとする暇もなく、焦りと不安を覚えた。

秋山先生か?何だか怖いな。

先生が生徒を呼ぶのに、経験上、吉報なことはあまりない。


「マジで?何かやらかしたかなぁ」


「言ってたろ、昨日から面談だって。先生、首を長くして待ってるぞ」


「あぁ、そうか。ありがとう」


僕はホッとしながら教室を出て、廊下を歩いた。

うちの高校には学期ごとに一度、面談があるそうだ。

学生相談ってやつだろうか。

それにしても、秋山先生と一対一で話すのは初めてだな。

鼓動が高鳴ることを確認して、扉を開けた。



「羽塚か。遅かったな」



続き←ここをクリック



0 件のコメント:

コメントを投稿