過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第12章その13






その12←ここをクリック




僕は制服を着て、約二週間ぶりに学校に向かった。

今日、美術室が空いているかは知らなかったが、

とりあえず宿題をしない理由が欲しかった。

だから、美術室が空いているかはそれほど重要じゃなかった。



校舎の四階まで上がり、美術室に着くと電気が点いていた。

ドアが少し開いているので、僕が中に入れるくらいまでゆっくり開けると、

二カ月ほど前に見た光景を思い出した

なぜならその時見た景色と同じだったからだ。

何の着色もない木の机、背もたれのない椅子、

キャンパスを立てかける譜面台のようなもの。

そして、ニスと絵の具の臭い。

ああ、やっぱり僕はこの臭いが好きだ。



「久しぶりだね、羽塚」

声の主は文田だった。

「お邪魔だったかな」

ずっと絵を描いているので、何ともいたたまれない気持ちになった。

「座れば?」

後ろに椅子があったので、文田の横まで持ってきて座った。

「あー、...夏休みはどう?楽しい?」



「別に、普通」

「宿題は終わった?」

「当然。でなきゃ、ここに来てないよ」

「ハハハッ。そうだよね」

「何で文田は絵を描いてるの?」

「好きだから、他に理由なんてないよ」 

ドキッとした。

「何か悩みがあるなら、正直に言ってみそ」

そう言いながら、彼女はキャンパスに絵を描くことを止めなかった。


続き←ここをクリック




0 件のコメント:

コメントを投稿