過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第12章その7





その6←ここをクリック





じゃあ、平木はどう思っているんだろう?

この光景に違和感を覚えないんだろうか?

もしそうなら、僕を恋人として見てくれているんだろうか?

それとも、ただ感謝の印として側にいてくれているだけだけなのか?

平木が柄にもなくわたあめを買っている時、上空からドーンと轟音がこだました。


「花火、上がってきた」

「…」

「綺麗だなぁ」

「…」

僕の言葉が誰にもかまわれずに宙に舞っている。

平木の相槌は、絶滅危惧種のようにめったに現れない。


「平木とここに来れてよかったよ」


「…」

反応してくれないことに腹が立ったのか、

ずいぶん大胆なことをいってしまった。

なんだか、まずいような気がした。


僕が平木のことを好きだと勘違いされても、おかしくない言葉じゃないか

彼女はこちらを見る気配がない。きっと確信されたんだろう

しかし仮に平木のことが好きなら、別に好きだと思われてもいいじゃないか


でも、僕は平木に好きだと思われることは何か嫌だ。

不快感はないが、心臓がズキズキする。


ってことは、僕は平木のことが好きじゃないのか。





続き←ここをクリック



0 件のコメント:

コメントを投稿