過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第13章その4





その3←ここをクリック


宿題を回収した関原先生は、

チョークの白粉を落とした教卓を見ることもなく、教室を去っていた。

日直だった僕は黒板に書かれた文字を消そうと、

前に向かうと案の定、教卓は白い粉まみれだった。


迷った。

何がって?

教卓を綺麗にするべきか否かだ。

日直の役割は黒板消しと日誌を書くことだ。

それ以外は先生に指示されない限り、特に何かする必要はない。

しかし教卓を綺麗にするくらい、気づいた人間がやるべきなんじゃないか?

それが優しさってものだ。

いや、本当は汚した人間が綺麗にするべきなんじゃないか?


でも、それは薄情か。

分からない、考えがお尻のように真っ二つに割れている(この例えしか思いつかなった)。

結局、黒板の文字を消した後、ぞうきんで教卓を拭いておいた。

誰に気づかれたわけでもない。

誰も僕の善行を目視することはなかったはずだ。

用が済んだ僕は自分の座席に戻った。

そして、また窓の外を眺めていた。


これで「正しい人間」になれたのか?


悪いことをしたことがない人間なんていない。

それは誰もが思うこと。

それなら、正しいことをしたことがない人間もいないんじゃないのか?

生きていれば表立っては正しくなければならない。

意識的にしろ無意識的にしろ、正しいことの一つや二つはしてしまう。

それなら「悪人」という奴はこの世に存在しないんじゃないのか?


続き←ここをクリック




0 件のコメント:

コメントを投稿