過去の記事を検索

TRANSLATE

オリジナル曲「赤い筆」

 


歌詞

何度も通った帰り道 忙しなく だけど退屈で

予定が外れたあの電車は 誰を待って迎えていたの?

剥がれた標識貼り直して 道の先を確かめてたのに

僕と君が歩む道は人集りだけど孤独な日々で

それでも拾って学んできたよ 人の好かれ方、気の使い方


振り返れば 僕はいつからか

大人の仮面をぎこちなく付けて

嫌いなものは多いからか 色んなものに×につけてさ

真っ赤な筆を持った君は

かっこ悪いと呟いて去っていった

僕と君と歩みたいのに 君が僕の全てなんだよな



0 件のコメント:

コメントを投稿