スキップしてメイン コンテンツに移動

イデア











イデアとは素人がざっくり説明すると、



哲学者プラトンが考えだした概念で、



みんなが頭の中に想像するものは姿・形すべて同じだよ〜と言った。




例えば、三角形描くとき、人それぞれ違う形の三角形を描くが、


頭の中でイメージする三角形はみんな同じだよということである。


ここからは専門的に説明しよう。










1、イデアとは








プラトン哲学の用語。



「見ること」を意味する動詞イデーンIDEINの派生語で、



本来は「見られたもの」、形、姿、さらに物の形式や種類をも意味した。












プラトン哲学では、肉体の目によってではなく、

魂の目によって見られる形を意味する。


日常の生の流れのなかで
私たちの関わる


個別の感覚的な事物や、
われわれのなす個別の行為は、



それらをそのもの自体として
切り離してみるとき、





いずれも、ある観点からみれば美しく、  正しいものであっても


他の観点からみれば醜く
不正なものとして現れてもくるが



イデアはいかなる観点からみてもたとえば「美のイデア」については

それはいつも美しく正のイデア」についてはそれはいつも正しい。




個別の感覚事物、


個別の行為のもつ多姿性

(それぞれが多様な、かつ、反対の述語を受け入れうること)に対して、
  


イデアのもつ単姿性、単一性がその特性である。




イデアとのかかわりによって 




魂のうちにおける
理性の「視」が成り立つと考えられる。


そこで、個別の事物が美しいものであり、



正しいものであるとすれば、



それは、これらのものがそのもの自体として



またはであることによってではなく、



それらが「」または「」のイデアを



分有することによってであるとされた。(分有説






また、絶えず流動変化していると
見える世界は、

イデアにのっとり、イデアを範型として形成されるとも語られた。



(これを範型説という。)




さらに、このようなイデアの知は
魂の本然の生のうちに


すでに与えられているものであり、





それが日常の生のうちでは
忘却されているが、



感覚される事物のうちにこれと似たものを見ることによって




想起されてくるのだともされた(想起説)。




こうして、イデアは、



魂がその本然のあり方(=真)を
回復しようとしておこす


愛知(=哲学)の運動の
始まりと終わりにおいて限定して、


愛知の運動を成り立たせるものである。



美のイデア」「正のイデア」は
こういうイデアの典型である。


しかしプラトンの著作のなかには、



ほかに「等」「大」「小」というような
形式的または数学的な事柄、 



また「敬虔(けいけん)」「節制」というような




倫理的な事柄、
さらに「寝台」というような人工物についても、


イデアが語られている。   






そこで、
プラトンイデアを何であると考えるか」は、


学者の論争の的となっている。




 イデアは多くの場合、「そのもの」ということばを付して、



たとえば、「美そのもの」「等そのもの」と
いうように用いられる。


そこで、普遍的な名辞があるとき、



その名辞の意味する普遍者がイデアである
と考えられることがある。


これは、プラトンの弟子アリストテレスが、



イデアの説を批判するときにとった解釈であるが、


その後も踏襲され、
イデアは普遍概念の実体化であるとか、


概念実在論であるとか、
という非難が浴びせられてきたのである。



 しかし、イデア論の真義は、
ソクラテスの愛知のうちに


その淵源(えんげん)をもつと考えられる。



ソクラテスにおいて人間的な知恵の唯一のあり方は、



人間にとっての最大事を問うことの内にあるが、



この問いは、この最大事がまだ知られていないと知る



根源的な問いかけであるが、この最大事へとかかわる




愛知の探求をその端初において
限定するものが個々のイデアであり、


このかかわりの全体性を到達点として
根拠づけるものが


善のイデア」である。




こうして、イデアとは、愛知の道行きにおいて、  




問いを問わせている根源として示現してくるものであり、
問うものの存在を含めて、


この世界いっさいの存在を問い返してくる根源
そのものの示現の姿なのである。




[加藤信朗]










コメント

このブログの人気の投稿

重いものと軽いものを地面に落としたら?

重いものと軽いものを地面に落としたら どっちが早く落ちるのか? 結論からいうと、どちらも変わらない。 (*しかし、空気がある世界では、より軽く、よりやわらかく、 表面積が大きいものが 遅く落下する。 ペラペラの紙切れがゆっくり落ちていくのが最たる例である。) 物理学の世界では、 物体を自然と落とすことを 自由落下 という。 では、なぜ重いものと軽いものが 同時に落ちるのか、思考実験といわれる 頭の中で実験をして確かめてみよう。 空気抵抗が無いもの、つまり 真空中 と 仮定して話を進めてみる。 【真空中…空気が全くない状態。】 1gのものと、1gのものを同時に落としたら、 同じ速度で落下することは納得できると思う。 では、1gのものと2gのものは? と考えてみよう。 2gのものは1gのものを1+1=2個くっつけただけであり、 それ以上のものではない。 くっついたというだけのことで落下速度が速くなるのであれば、 分割すれば遅くなる ということが推論できる。 じゃぁドンドンと分割していくと、 そのうち落下しないで 空中に止まったままになるのか? とまぁこんな感じの思考実験をすることで ある程度納得できるのではないかと思いますが、どうだろうか ? では、実際に理論的に説明していこう。 重い物に働く重力の方が軽い物に働く重力より大きい。 重力 (mg) =質量 (m) ×比例係数 (g) … ① この公式は中学物理で出てくるものである。 比例定数は重力加速度=gと呼ばれ、 厳密には  g= 9.80665[m/s² ]  と定義されている。 同じ力を加えても 重い物 の方 が 軽い物 より 動かしにくい 。 加速度 ( a :   m /s 2 ) =加える力 ( F: N) /質量 ( m: kg)    … ②  ②…これを運動方程式という 【*物理学で力は記号でFを表す。単位はN。】 これも経験があるのではないだろうか。 次のような経験がないだろうか? ・同じ重さなら加える力が大きいほど良く加速する。 ・同じ力なら軽い物ほど良く加速する。 物体に加える力が重力だけの場合は、 ①を②に代入して、 加速度=加

儀礼的無関心

1,電車での出来事 電車の中では、 ふつうであれば夫婦や親子など 親密な関係にある人間しか 入ることを許されない密接距離や、 友人同士で用いられる個体距離のなかに 見知らぬ他人 が入りこんでくるということから、 別の規則が派生してくる。 私たちはたまたま電車で隣り合って座った人と 挨拶を交わたりしないし, ふつうは話しかけることもない。   私たちはあたかも 自分の 密接距離 や 個体距離 のなかに 人がいることに   気がつかないかのように、 それぞれ新聞や雑誌を読んだり、 ヘッドホンをつけ 音楽を聴いたり、携帯電話をチェックしたり、 ゲームをしたり,あるいは 目をつむって考えごとをしたりしている。 それはあたかも 物理的に失われた距離を心理的距離によって 埋め合わせているかのようである。 アメリカの社会学者 E. ゴフマン( 1922 ~ 82 )は, 公共空間のなかで人びとが示す このような態度を 儀礼的無関心 と呼んだ。 2、具体的に儀礼的無関心とは どのような状態で 行われるのか? 「そこで行なわれることは、 相手をちらっと見ることは見るが、 その時の表情は相手の存在を認識したことを 表わす程度にとどめるのが普通である。 そして、次の瞬間すぐに視線をそらし、 相手に対して特別の好奇心や 特別の意図がないことを示す。」 電車のなかで他の乗客にあからさまな 好奇心を向けることが 不適切とされるのはそのためである。 たとえば, 電車のなかで他の乗客をじろじろ眺めたり, 隣の人が読んでいる本を のぞきこんだりすることは不適切と感じられる。 例外は子どもである。 子どもは他の乗客を指差して 「あのおじさん変なマスクをしてる」 と言っても大目にみられるし, 逆に子どもに対してはじっと見つめることも, 話しかけることも許され

DLVOの理論

1,DLVOの理論とは 二つの 界面* が近づくときの、 【 *… 気体と 液体 、液体と液体、液体と 固体 、固体と固体、固体と 気体 のように、 二つの相が互いに接触している境界面】 電気二重層間の相互作用に基づいた 疎水コロイド溶液の安定性に関する理論。 これはデリャーギンと ランダウ (1941)と フェルヴァイとオーヴァベック(1948)が それぞれ独立に導いたので四人の名前で呼ばれている。 電解質水溶液中で、正または負に帯電している界面に対して、 反対符号の イオン はこれと中和するように分布すると考えると、 その濃度に基づく 電位  φ は界面からの距離  d  に関して 指数関数的に減少する。 すなわち φ=φ 0  exp(-κ d  ) となる。 φ 0  は界面に固定されるイオン層の電位で、 κ は定数であるが電気二重層の厚さを表現する基準となる値で である。 ここで, z  はイオン価, e  は電気素量、 n  はイオンの濃度(イオンの数/cm 3 )、 ε は溶液の誘電率、 k  は ボルツマン定数* 、 T  は絶対温度である。 共存イオンの影響で、電気二重層の厚さが変化すると考えると、 この式から シュルツェ‐ハーディの法則* も たくみに説明可能である。 リンク