スキップしてメイン コンテンツに移動

逆選択






1,逆選択とは


情報の非対称性

(他者と当事者との情報がかみ合っていない)が存在する環境では


持っている情報量が多い者は持っている情報量が少ない者の無知につけ込み、


あまり質の良くない財やサービスを良質な財やサービスと言って提供したり、


都合の悪い情報を隠して保険サービスや契約などの提供を受けようとする

インセンティブ(誘因)が起こります。



そのため、情報を持たざる者(情報劣位者)はその財やサービスに対して、

本来の価値より過敏に悲観的な予想を抱くことになり、(勘ぐってしまう)

もし情報の非対称性が無ければ売買が行われていたはずの

取引の一部が行われなくなります。

そして、市場で取引されるものは、

悲観的な予想に見合った質の悪い財やサービスばかりとなります。







これを、通常は良いものが選ばれ生き残るという

『選抜』、『淘汰』の逆であるという意味で、逆選抜、逆淘汰と呼びます







2,逆選択の例



イメージがつきやすいように

中古車市場の売り手と買い手を例にとって、この問題を考えてみましょう。


中古車の売り手はプロですし、

手元にある車を検査することもできますからよく知っています。


自分の売り物の車がどの程度の品質か、どれほどの性能かよく知っているはずです。




車の外見だけではなく故障の起こりやすさや起こったときの程度についても

いままでの経験から詳細な情報を持っています。


一方で、買い手のほうは広告や試乗などの車を外見のみで判断するしかありません。


その車の質に関して、ほとんど何も情報を持っていません。

(整備士なら話は別ですが)


このように、売り手と買い手とでその財の質=タイプに関して

情報格差があるときには、市場がうまく機能しない可能性があります。
買い手(消費者)は欠陥車をつかまされるかもしれないと用心して、

中古車を買いたくても買わないかもしれません。



その結果、市場全体の規模が小さくなり、

最悪のケースでは市場そのものが成立しないこともありえます。




優良企業が逆選択で市場から締め出される可能性がある


逆選択は、中古車の市場以外でも見られます。


保険会社が契約者の健康状態を知ることができなければ、


病気に対する保険を設定しようとしても健康状態の悪い人しか加入しなくなり、


保険会社は採算上、保険料率を上げざるをえなくなります。


そうすると、

それでも加入したいと思う人はさらに健康状態の悪い人に限定されますから、


さらに保険料率が上昇し、結果として保険そのものが成立しなくなります。


医療保険は強制加入の公的な保険制度でないと成立しないような状況になります。



銀行が企業に資金を融資する場合も、

借り手が将来的に成長率がよい企業か悪い企業を


審査ができなければ、逆選択の問題が生じます。


悪い企業にお金を貸すのなら利率を高くせざるをえませんが、

そうするといい企業はなくなります。


悪い企業はそれでも銀行からお金を借りようとして、

ますます銀行の借貸出利率が上昇し、

いい企業は完全に破綻してしまいます。



要するに、

自分の利益を求めるがあまり買い手の損得を考えないと痛い目にあうということ。

慌てる乞食は貰いが少ないとはまさにこのことですね。




3,逆選択への対応策






逆選択の問題に対しては、いくつかの対応が考えられます。



供給を調整する ②制度の整備


③最低価格を決める 信号、合図(signaling


ふるい分け(screening





この5つについて、先の中古市場の例で説明しましょう。

供給を調節する


中古車の市場が成立しないひとつの原因は、中古車の価格カ低下するにつれて、

中古車の売り手がいなくなることでした。

しかし、一定年数の経った中古車をすべてを強制的に売却する制度を作れば、

たとえ価格が低下しても中古車の供給は減少しませんから、

中古車の市場を維持することができます。


制度の整備


中古車でいえば、車検制度を整備します。

中古車の品質を均一に維持・管理ができるようになれば、


ある中古車を見ても、それは他の中古車と質はまったく変わらないので

情報の非対称性の問題が解消されます。


消費者としては、車検の質さえ知っていれば、

個々の車の品質をチェックしなくともその車の品質を知ることができます。




最低価格を決める


3つ目の対策は、ある一定価格以下での売買を禁止することです。


中古車の価格が低下されることを防ぎ、良質な中古車が市場に

供給されるようになります。




④信号、合図(signaling


4つ目の対策は、売り手の側の対応です。

自分の車が良質であるとわかっている

売り手は、悪い車の売り手と自分を差別化しようとします。

たとえば、一定の走行距離までは故障に対する

修理保証をつける、などの品質保証がこれに当たります。


悪い車を売ろうとしている売り手に採用できない手段を取ることで、

自分の車はよい車であるという信号を買い手に提供しているのです。

⑤ふるい分け(screening


5つ目の対策は、買い手側からの要求です。

故障が生じたときの修理保証など、買い手が一定のハードルを設定し、


それを越えられた売り手のみから購入するようにすれば、

結果として、

良質の車の売り手とそうでない車の売り手を区別できるようになります。


これをふるい分けあるいはスクリーニング(screening)といいます。


またスクリーニングは医学の世界でも用いられており、

ターゲット(実験をしたい奴ら)となる集団に対して、


実施する共通の検査によって、

調べたい病気を患っていると疑われる対象者あるいは

発症が予測される対象者をその集団の中から選び抜くことを指します。


対象集団は通常、病気の自覚がないかまたは病気であっても症状が比較的軽くて、


気がついていなかったり潜伏期である対象者が含まれている


可能性をもつ集団となる。





参考文献
大学四年間の経済学が
10時間でさっと学べる
著 井堀利宏















コメント

このブログの人気の投稿

重いものと軽いものを地面に落としたら?

重いものと軽いものを地面に落としたら どっちが早く落ちるのか? 結論からいうと、どちらも変わらない。 (*しかし、空気がある世界では、より軽く、よりやわらかく、 表面積が大きいものが 遅く落下する。 ペラペラの紙切れがゆっくり落ちていくのが最たる例である。) 物理学の世界では、 物体を自然と落とすことを 自由落下 という。 では、なぜ重いものと軽いものが 同時に落ちるのか、思考実験といわれる 頭の中で実験をして確かめてみよう。 空気抵抗が無いもの、つまり 真空中 と 仮定して話を進めてみる。 【真空中…空気が全くない状態。】 1gのものと、1gのものを同時に落としたら、 同じ速度で落下することは納得できると思う。 では、1gのものと2gのものは? と考えてみよう。 2gのものは1gのものを1+1=2個くっつけただけであり、 それ以上のものではない。 くっついたというだけのことで落下速度が速くなるのであれば、 分割すれば遅くなる ということが推論できる。 じゃぁドンドンと分割していくと、 そのうち落下しないで 空中に止まったままになるのか? とまぁこんな感じの思考実験をすることで ある程度納得できるのではないかと思いますが、どうだろうか ? では、実際に理論的に説明していこう。 重い物に働く重力の方が軽い物に働く重力より大きい。 重力 (mg) =質量 (m) ×比例係数 (g) … ① この公式は中学物理で出てくるものである。 比例定数は重力加速度=gと呼ばれ、 厳密には  g= 9.80665[m/s² ]  と定義されている。 同じ力を加えても 重い物 の方 が 軽い物 より 動かしにくい 。 加速度 ( a :   m /s 2 ) =加える力 ( F: N) /質量 ( m: kg)    … ②  ②…これを運動方程式という 【*物理学で力は記号でFを表す。単位はN。】 これも経験があるのではないだろうか。 次のような経験がないだろうか? ・同じ重さなら加える力が大きいほど良く加速する。 ・同じ力なら軽い物ほど良く加速する。 物体に加える力が重力だけの場合は、 ①を②に代入して、 加速度=加

儀礼的無関心

1,電車での出来事 電車の中では、 ふつうであれば夫婦や親子など 親密な関係にある人間しか 入ることを許されない密接距離や、 友人同士で用いられる個体距離のなかに 見知らぬ他人 が入りこんでくるということから、 別の規則が派生してくる。 私たちはたまたま電車で隣り合って座った人と 挨拶を交わたりしないし, ふつうは話しかけることもない。   私たちはあたかも 自分の 密接距離 や 個体距離 のなかに 人がいることに   気がつかないかのように、 それぞれ新聞や雑誌を読んだり、 ヘッドホンをつけ 音楽を聴いたり、携帯電話をチェックしたり、 ゲームをしたり,あるいは 目をつむって考えごとをしたりしている。 それはあたかも 物理的に失われた距離を心理的距離によって 埋め合わせているかのようである。 アメリカの社会学者 E. ゴフマン( 1922 ~ 82 )は, 公共空間のなかで人びとが示す このような態度を 儀礼的無関心 と呼んだ。 2、具体的に儀礼的無関心とは どのような状態で 行われるのか? 「そこで行なわれることは、 相手をちらっと見ることは見るが、 その時の表情は相手の存在を認識したことを 表わす程度にとどめるのが普通である。 そして、次の瞬間すぐに視線をそらし、 相手に対して特別の好奇心や 特別の意図がないことを示す。」 電車のなかで他の乗客にあからさまな 好奇心を向けることが 不適切とされるのはそのためである。 たとえば, 電車のなかで他の乗客をじろじろ眺めたり, 隣の人が読んでいる本を のぞきこんだりすることは不適切と感じられる。 例外は子どもである。 子どもは他の乗客を指差して 「あのおじさん変なマスクをしてる」 と言っても大目にみられるし, 逆に子どもに対してはじっと見つめることも, 話しかけることも許され

地中海式農業

1,地中海式農業 地中海性気候 、すなわち冬季は温暖・湿潤、 夏季は高温・乾燥の気候地域にみられる農業様式。 商品作物としての耐乾性樹木作物と自給作物としての 小麦栽培 に、 ヒツジ、ヤギの飼養を取り入れた 有畜農業 である。 とくに耐乾性作物であるオリーブ、イチジク、ブドウ、柑橘 類、 コルクガシなどの栽培は有名で、なかでもオリーブは標式的な樹木といわれている。 伝統的な 地中海式農業 は、 小麦 ・ オリーブ ・ ブドウ の三大作物の栽培とヒツジの移牧を特徴とする。 しかし、 灌漑 農業 の普及や農業改善事業の進展などで、 オレンジ、レモン、野菜・花卉 類などのより商品性の高い作物の栽培が 盛んになる一方、 移牧 は衰退しつつある。 地中海式農業が典型的に発達する地中海沿岸地方では、 山地斜面まで石材などを利用した 階段状耕地 が造成され、 独特な景観をなしている(イタリアのアマルフィやチンクエ・テッレなど)。 イタリア半島 南部やイベリア半島では大土地所有制度が残存し、 多くの零細農からなる農村では、 伝統的な農法による生産性の低い農業が営まれている。 地中海式農業地域としては、 このほか近代的な灌漑施設を整えたアメリカのカリフォルニア地方をはじめ、 チリ中部、アフリカ南西部、オーストラリア南部などがある。 [新井鎮久・井村博宣] リンク リンク