スキップしてメイン コンテンツに移動

台風




1、台風の概要


北太平洋西部の熱帯の海上で発生・発達し、



日本列島・フィリピン諸島・アジア大陸南部などに襲来して



大きな被害をもたらす熱帯低気圧




熱帯低気圧いくつかの限られた熱帯の海域で発生し、

それぞれ特有の名前がついているが、


そのうち東経180度より西の北太平洋にある


熱帯低気圧はその域内の最大風速によって分類されている。 



台風は最大風速が毎秒17.2m(34ノット:風力8)以上と定義され、




それに達しないものを狭義の熱帯低気圧とよんでいる。


船舶向けなどの気象通報に用いられている


タイフーンtyphoonの定義
(32.7m(64ノット:風力12)以上)とは異なる。





最大風速17.2m以上という台風の定義は



1953年(昭和28)から用いられたもので、



1947年から1952年までの定義は、
弱い熱帯性低気圧(17.2m未満)、


熱帯性低気圧(17.2m以上32.7m未満)、
台風(32.7m以上)の三つであった。








また、それ以前は、台風は南洋や南シナ海などに発生し、


日本フィリピン中国などにくる猛烈な暴風雨をさし、


はっきりした基準はなかった。




 気象庁の発表する気象情報や警報では


台風に大きさを表現することばと、


強さを表現することばをつけて発表している。




大きさは毎秒15m以上の強い風が吹いている範囲で、 


大型=500~800km未満、超大型=800km以上に分類し、  



強さは最大風速で、強い=毎秒33~44m未満、


非常に強い=毎秒44~54m未満、


猛烈な=毎秒54m以上に分類している。


1999年(平成11)までは、台風のなかで


「小型」とか「弱い」という発表もあったが、



たいしたことがないとの誤解を招くことなどから、



2000年(平成12)6月以降は、台風のなかでも大きいものや強いもののみに、



大きさや強さを表現することばをつけている。





[饒村 曜]














2、台風番号とその名称





気象庁では台風に関する情報の発表や整理の都合上、
  
ごとに台風の発生を確認した

日付の順に従って台風に台風番号をつけている。 






台風番号は昭和○○年台風第○号とよばれ、



西暦の末尾の2桁に番号をつけ4桁の数字で表示されることもある。



たとえば、「9910号」は1999年に10番目に発生した台風、


「0106号」は2001年に6番目に発生した台風のことである。






このほか、とくに災害の大きかった台風については、



その上陸地点名、災害をおこした地名、湾名、川名、船名などをつけて、



枕崎(まくらざき)台風、伊勢湾(いせわん)台風などとよばれる。





また、上陸地点が同じような場合は、第一室戸(むろと)台風、



第二室戸台風というように区別している。




 アメリカでは最大風速が


毎秒17.2メートル以上にまで発達した熱帯低気圧を、



番号ではなく、あらかじめ準備したABC……の


アルファベット順のアメリカの男女名をつけている。 





太平洋戦争後、日本が米軍の占領下にあった間は、



これに倣って日本もカスリーン台風や


ジェーン台風などとよんでいた時期があった


(当時は女性名のみを使用)。



その後、台風番号が使われるようになり、



アメリカがつけた名前は、船舶向けの海上警報など


一部の予警報以外では使われなくなった。



 2000年(平成12)からは、アメリカがつけた名前にかわり、


アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP(エスカップ))と


世界気象機関(WMO)で組織する台風委員会がつけた


アジア名が使われている。


このアジア名は、なじみの深いアジアのことばのほうが


防災意識も向上するのではないかと、


加盟14か国・領域から提案された合計140個の名前


(日本からは「てんびん」など10の星座名)からなっており、



台風が発生するたびに順次使われている。




[饒村 曜]















3、台風の語源




もとは颱風(たいふう)と書いたが、


1946年(昭和21)に制定された当用漢字にないため台風と改められた。


颱風は中国語の颱と英語のtyphoonの音をとったもので、

一般に通用するようになったのは大正時代からである。





それ以前は大風、嵐(あらし)また古くは野分(のわき)などとよばれていた。





颱は暴風のもっともひどいものをさし、


中国における最古の用例は17世紀後半に編集された『福建通志』である。



日本でも19世紀初めに小説家の滝沢馬琴(ばきん)


『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』のなかで颱を用い、これを「あかしま」と訓じた。






しかし、1857年(安政4)洋学者伊藤慎蔵(しんぞう)


熱帯低気圧についての専門書を訳したが、


その題名は『颶風(ぐふう)新話』であり、


明治になっても片仮名でタイフーンと書くか、


漢字を用いるときには「大風」と書かれることも多いなど、


滝沢馬琴の颱の用法は、そのまま、


明治後期から使われるようになった颱風にはつながらない。





一方英語のtyphoonは、16世紀にはイギリス


使用例があるなど颱の用例より古い。


中国では昔、台風のように風向の旋回する風系を颶風とよんだが、


この知識が南シナ海を航海していたアラビア人に伝えられ、

彼らはそれをぐるぐる回るという意のtfnとよび、


これが一方では颱風になり、

他方ではタイフーンに転化したと考えられる。








[饒村 曜]








コメント

このブログの人気の投稿

重いものと軽いものを地面に落としたら?

重いものと軽いものを地面に落としたら どっちが早く落ちるのか? 結論からいうと、どちらも変わらない。 (*しかし、空気がある世界では、より軽く、よりやわらかく、 表面積が大きいものが 遅く落下する。 ペラペラの紙切れがゆっくり落ちていくのが最たる例である。) 物理学の世界では、 物体を自然と落とすことを 自由落下 という。 では、なぜ重いものと軽いものが 同時に落ちるのか、思考実験といわれる 頭の中で実験をして確かめてみよう。 空気抵抗が無いもの、つまり 真空中 と 仮定して話を進めてみる。 【真空中…空気が全くない状態。】 1gのものと、1gのものを同時に落としたら、 同じ速度で落下することは納得できると思う。 では、1gのものと2gのものは? と考えてみよう。 2gのものは1gのものを1+1=2個くっつけただけであり、 それ以上のものではない。 くっついたというだけのことで落下速度が速くなるのであれば、 分割すれば遅くなる ということが推論できる。 じゃぁドンドンと分割していくと、 そのうち落下しないで 空中に止まったままになるのか? とまぁこんな感じの思考実験をすることで ある程度納得できるのではないかと思いますが、どうだろうか ? では、実際に理論的に説明していこう。 重い物に働く重力の方が軽い物に働く重力より大きい。 重力 (mg) =質量 (m) ×比例係数 (g) … ① この公式は中学物理で出てくるものである。 比例定数は重力加速度=gと呼ばれ、 厳密には  g= 9.80665[m/s² ]  と定義されている。 同じ力を加えても 重い物 の方 が 軽い物 より 動かしにくい 。 加速度 ( a :   m /s 2 ) =加える力 ( F: N) /質量 ( m: kg)    … ②  ②…これを運動方程式という 【*物理学で力は記号でFを表す。単位はN。】 これも経験があるのではないだろうか。 次のような経験がないだろうか? ・同じ重さなら加える力が大きいほど良く加速する。 ・同じ力なら軽い物ほど良く加速する。 物体に加える力が重力だけの場合は、 ①を②に代入して、 加速度=加

儀礼的無関心

1,電車での出来事 電車の中では、 ふつうであれば夫婦や親子など 親密な関係にある人間しか 入ることを許されない密接距離や、 友人同士で用いられる個体距離のなかに 見知らぬ他人 が入りこんでくるということから、 別の規則が派生してくる。 私たちはたまたま電車で隣り合って座った人と 挨拶を交わたりしないし, ふつうは話しかけることもない。   私たちはあたかも 自分の 密接距離 や 個体距離 のなかに 人がいることに   気がつかないかのように、 それぞれ新聞や雑誌を読んだり、 ヘッドホンをつけ 音楽を聴いたり、携帯電話をチェックしたり、 ゲームをしたり,あるいは 目をつむって考えごとをしたりしている。 それはあたかも 物理的に失われた距離を心理的距離によって 埋め合わせているかのようである。 アメリカの社会学者 E. ゴフマン( 1922 ~ 82 )は, 公共空間のなかで人びとが示す このような態度を 儀礼的無関心 と呼んだ。 2、具体的に儀礼的無関心とは どのような状態で 行われるのか? 「そこで行なわれることは、 相手をちらっと見ることは見るが、 その時の表情は相手の存在を認識したことを 表わす程度にとどめるのが普通である。 そして、次の瞬間すぐに視線をそらし、 相手に対して特別の好奇心や 特別の意図がないことを示す。」 電車のなかで他の乗客にあからさまな 好奇心を向けることが 不適切とされるのはそのためである。 たとえば, 電車のなかで他の乗客をじろじろ眺めたり, 隣の人が読んでいる本を のぞきこんだりすることは不適切と感じられる。 例外は子どもである。 子どもは他の乗客を指差して 「あのおじさん変なマスクをしてる」 と言っても大目にみられるし, 逆に子どもに対してはじっと見つめることも, 話しかけることも許され

DLVOの理論

1,DLVOの理論とは 二つの 界面* が近づくときの、 【 *… 気体と 液体 、液体と液体、液体と 固体 、固体と固体、固体と 気体 のように、 二つの相が互いに接触している境界面】 電気二重層間の相互作用に基づいた 疎水コロイド溶液の安定性に関する理論。 これはデリャーギンと ランダウ (1941)と フェルヴァイとオーヴァベック(1948)が それぞれ独立に導いたので四人の名前で呼ばれている。 電解質水溶液中で、正または負に帯電している界面に対して、 反対符号の イオン はこれと中和するように分布すると考えると、 その濃度に基づく 電位  φ は界面からの距離  d  に関して 指数関数的に減少する。 すなわち φ=φ 0  exp(-κ d  ) となる。 φ 0  は界面に固定されるイオン層の電位で、 κ は定数であるが電気二重層の厚さを表現する基準となる値で である。 ここで, z  はイオン価, e  は電気素量、 n  はイオンの濃度(イオンの数/cm 3 )、 ε は溶液の誘電率、 k  は ボルツマン定数* 、 T  は絶対温度である。 共存イオンの影響で、電気二重層の厚さが変化すると考えると、 この式から シュルツェ‐ハーディの法則* も たくみに説明可能である。 リンク