過去の記事を検索

TRANSLATE

台風




1、台風の概要


北太平洋西部の熱帯の海上で発生・発達し、



日本列島・フィリピン諸島・アジア大陸南部などに襲来して



大きな被害をもたらす熱帯低気圧




熱帯低気圧いくつかの限られた熱帯の海域で発生し、

それぞれ特有の名前がついているが、


そのうち東経180度より西の北太平洋にある


熱帯低気圧はその域内の最大風速によって分類されている。 



台風は最大風速が毎秒17.2m(34ノット:風力8)以上と定義され、




それに達しないものを狭義の熱帯低気圧とよんでいる。


船舶向けなどの気象通報に用いられている


タイフーンtyphoonの定義
(32.7m(64ノット:風力12)以上)とは異なる。





最大風速17.2m以上という台風の定義は



1953年(昭和28)から用いられたもので、



1947年から1952年までの定義は、
弱い熱帯性低気圧(17.2m未満)、


熱帯性低気圧(17.2m以上32.7m未満)、
台風(32.7m以上)の三つであった。








また、それ以前は、台風は南洋や南シナ海などに発生し、


日本フィリピン中国などにくる猛烈な暴風雨をさし、


はっきりした基準はなかった。




 気象庁の発表する気象情報や警報では


台風に大きさを表現することばと、


強さを表現することばをつけて発表している。




大きさは毎秒15m以上の強い風が吹いている範囲で、 


大型=500~800km未満、超大型=800km以上に分類し、  



強さは最大風速で、強い=毎秒33~44m未満、


非常に強い=毎秒44~54m未満、


猛烈な=毎秒54m以上に分類している。


1999年(平成11)までは、台風のなかで


「小型」とか「弱い」という発表もあったが、



たいしたことがないとの誤解を招くことなどから、



2000年(平成12)6月以降は、台風のなかでも大きいものや強いもののみに、



大きさや強さを表現することばをつけている。





[饒村 曜]














2、台風番号とその名称





気象庁では台風に関する情報の発表や整理の都合上、
  
ごとに台風の発生を確認した

日付の順に従って台風に台風番号をつけている。 






台風番号は昭和○○年台風第○号とよばれ、



西暦の末尾の2桁に番号をつけ4桁の数字で表示されることもある。



たとえば、「9910号」は1999年に10番目に発生した台風、


「0106号」は2001年に6番目に発生した台風のことである。






このほか、とくに災害の大きかった台風については、



その上陸地点名、災害をおこした地名、湾名、川名、船名などをつけて、



枕崎(まくらざき)台風、伊勢湾(いせわん)台風などとよばれる。





また、上陸地点が同じような場合は、第一室戸(むろと)台風、



第二室戸台風というように区別している。




 アメリカでは最大風速が


毎秒17.2メートル以上にまで発達した熱帯低気圧を、



番号ではなく、あらかじめ準備したABC……の


アルファベット順のアメリカの男女名をつけている。 





太平洋戦争後、日本が米軍の占領下にあった間は、



これに倣って日本もカスリーン台風や


ジェーン台風などとよんでいた時期があった


(当時は女性名のみを使用)。



その後、台風番号が使われるようになり、



アメリカがつけた名前は、船舶向けの海上警報など


一部の予警報以外では使われなくなった。



 2000年(平成12)からは、アメリカがつけた名前にかわり、


アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP(エスカップ))と


世界気象機関(WMO)で組織する台風委員会がつけた


アジア名が使われている。


このアジア名は、なじみの深いアジアのことばのほうが


防災意識も向上するのではないかと、


加盟14か国・領域から提案された合計140個の名前


(日本からは「てんびん」など10の星座名)からなっており、



台風が発生するたびに順次使われている。




[饒村 曜]















3、台風の語源




もとは颱風(たいふう)と書いたが、


1946年(昭和21)に制定された当用漢字にないため台風と改められた。


颱風は中国語の颱と英語のtyphoonの音をとったもので、

一般に通用するようになったのは大正時代からである。





それ以前は大風、嵐(あらし)また古くは野分(のわき)などとよばれていた。





颱は暴風のもっともひどいものをさし、


中国における最古の用例は17世紀後半に編集された『福建通志』である。



日本でも19世紀初めに小説家の滝沢馬琴(ばきん)


『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』のなかで颱を用い、これを「あかしま」と訓じた。






しかし、1857年(安政4)洋学者伊藤慎蔵(しんぞう)


熱帯低気圧についての専門書を訳したが、


その題名は『颶風(ぐふう)新話』であり、


明治になっても片仮名でタイフーンと書くか、


漢字を用いるときには「大風」と書かれることも多いなど、


滝沢馬琴の颱の用法は、そのまま、


明治後期から使われるようになった颱風にはつながらない。





一方英語のtyphoonは、16世紀にはイギリス


使用例があるなど颱の用例より古い。


中国では昔、台風のように風向の旋回する風系を颶風とよんだが、


この知識が南シナ海を航海していたアラビア人に伝えられ、

彼らはそれをぐるぐる回るという意のtfnとよび、


これが一方では颱風になり、

他方ではタイフーンに転化したと考えられる。








[饒村 曜]








0 件のコメント:

コメントを投稿