過去の記事を検索

TRANSLATE

動因低減説









1,動因低減説とは



一般に行動はなんらかの動機または動因によって引起されるが,


行動がある刺激事態において生じる場合,


その結果としてその動機または動因低減または解消するときには,


その行動は同じような刺激事態において,再び生起しやすくなるという学習の原理。




 C.L.ハル一派の新行動理論の中軸的原理。


 (→新行動主義)







0 件のコメント:

コメントを投稿