過去の記事を検索

TRANSLATE

ケッペンの気候区分




1,ケッペンの気候区分とは





W.ケッペンによる世界の気候区分。


立脚点は植物や森林の分布であるが,

実際には気候要素の組合せによる定量的基準を用い,

それぞれに記号をつけ,さらにその組合せによって各種の気候を表す。

大区分として,樹木気候(熱帯気候A,温帯気候C,冷帯気候D)と

無樹木気候(乾燥気候B,寒帯気候E)に分かれ,11の主要気候がある。




0 件のコメント:

コメントを投稿