過去の記事を検索

TRANSLATE

彩層






1,彩層とは






太陽光球
の外側にある厚さ2000~3000kmのガス層。


光球に比べて磁場の影響を受けやすいので、

磁場に起因する太陽の活動現象を調べるのに適している。




皆既日食のとき、皆既の直前や直後に太陽を隠す黒い月の縁に赤く輝いて見える。

水素の赤い輝線(波長656.3nm)を強く放射するため、

【・1mm = 1/1000 m  EX.野菜の種、昆虫の卵 

・1μm = 1/1000 mm  細菌、光の波長  

・1nm = 1/1000 μm ウイルス、X線の波長】

彩層は赤く彩られて見える。

太陽より低温の星やF型星にも彩層があり、

星の活動現象を調べるのに役立っている。

太陽と同じG型星でも自転速度の速いものや遅いものがある。

速く自転している星は彩層がより活発であり、誕生して間近の若い星である。

星はコロナから風を放出し、時間がたつとともに、自転が遅くなり彩層の活発さも弱くなる。

[日江井榮二郎]


0 件のコメント:

コメントを投稿