過去の記事を検索

TRANSLATE

インスリン




1,インスリンとは





膵臓(すいぞう)のランゲルハンス島のβ(ベータ)細胞より分泌されるホルモン


インシュリンともいう。

生体内において血糖を降下させる唯一のホルモンである

ヒトインスリンは、21個のアミノ酸からなるS-S結合を一つもつA鎖と、

30個のアミノ酸からなるB鎖が、二つのS-S結合によって結び付けられた構造をもつ

分子量5734のポリペプチドホルモンである。


インスリンは多種の組織、器官でのさまざまな代謝に直接的、間接的な作用を示し、

さらにほかのホルモンとも密接な関係を保ちながら、代謝の調節に重要な働きをしている。



なかでも、とくに肝臓、筋肉、脂肪組織を主要な標的器官としており、種々の現象が認められる。

 このうち、酵素の誘導には数時間を要するが、その他の作用は非常に速やかに行われる。


医学の本を購入するならAMAZON!!


インスリン欠乏時には、多くの組織でブドウ糖の取り込みが低下し、

肝臓でのブドウ糖放出量が増して高血糖状態、いわゆる糖尿病を引き起こす。

その結果、細胞内はブドウ糖欠乏状態となり、エネルギー供給源としてタンパク質、

脂肪に依存するようになるため、タンパク質からの糖新生、脂肪の異化が促進され、

脂質異常症を引き起こし、血管系病変に基づいた数々の合併症をもたらす。


 インスリンの作用の仕組みについては解明されつつあるが、

細胞膜表面に特異的な受容体が存在し、インスリンが結合することにより、

その作用を発揮するものと考えられている。




糖尿病の治療に用いるインスリン製剤は、効果の持続時間の差異により、

レギュラー(速効性)インスリン、レンテ(中間型)インスリン、

ウルトラレンテ(持続性)インスリンなどに分けられる。



[川上正澄]


『葛谷健編『インスリン――分子メカニズムから臨床へ』(1996・講談社) 

▽小林正編『インスリン療法マニュアル』第3版(2005・文光堂)』


0 件のコメント:

コメントを投稿