過去の記事を検索

TRANSLATE

サハラ砂漠







1,サハラ砂漠とは





アフリカ大陸北部にある世界最大の砂漠。


Saharaの語源はアラビア語で〈荒地〉の意。

ナイル川から大西洋岸まで東西約5000km,南北約1500km,

ほぼ北緯15°以北のアフリカ全体にまたがる。

普通約1000万km2とされるが,その範囲については諸説あり,

部分的にはリビア砂漠など別の名で呼ばれる。

また南縁に沿った半乾燥地帯はサヘルと呼ばれる。

年降水量0〜10mmで,ナイル川以外には恒常的な川はなく,

地下水によるオアシスが点在する。


昼夜の気温差は30℃に達する。


大部分は台地砂漠で,岩盤が露出するか,

またはレグregと呼ばれる礫と砂の混じった岩石砂漠となる。

北部にはエルグerg(砂丘列)からなる砂砂漠が見られる。

平均標高約300m。

ティベスティ山地では,標高3000mを越える火山がある。 









住民はおもにアラブまたは先住のベルベル

これらの人びとは古くからオアシス間を結ぶ隊商路を発達させ,

地中海岸とガーナ王国マリ帝国ソンガイ帝国などの黒人王国との交易を行っていた。

1920年代からサハラ縦断自動車道路が開発され,

第2次大戦後はアルジェリア,リビアにおける石油の採掘が盛んとなった。

1957年サハラ地域共同体機構が創設され

(1962年にサハラ機構と改称),開発計画が進められてきた。

しかし1968年―1973年の大干ばつを機に砂漠化の問題も生じている。








0 件のコメント:

コメントを投稿