過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第3章その8







小説買うならAMAZON!!


その7←ここをクリック


普段なら十五分で登校するところを今日は四十分かけて登校した。

八時十分だ。

教室に着くのは十五分と考えれば、妥当な時間帯だろう。

たかだか数十分早く学校に着いただけというのに、

なぜだか新鮮な気分になった


いつもより少し早く着いた教室は、

いつもより少し人の数が少なかった。

それは僕が毎日学校へ行くことと同じくらい当然のことであり、


昨日あれだけのことがありながら、

どうやら僕が所属する1年3組の教室は何の変哲もないらしい。

昨日、僕と平木が屋上から飛び降りたことは、誰も知り得なかったようだ。

僕はみんなの視線を感じた後、自分の座席を見つめるとその横にには

僕のありきたりな日常を壊した張本人が窓の外を座っていた。

座席の方へ向かうと、平木は視線の先に僕をとらえたようで、

僕の目が合うと、視線を外して自分の鞄をあさりだした。

明らかに意図的であるような反応…。

まさか、昨日僕が怒ったことに怒っているのか?

続き←ここをクリック





0 件のコメント:

コメントを投稿