過去の記事を検索

TRANSLATE

デモンストレーション効果









1,デモンストレーション効果とは



経済学で使用される効用関数においては、個々人の消費は、

他の人々からまったく独立であって、個々人の主観的判断に基づいて

決定されると考えられてきた。

しかし、われわれの日常的な行為からも明らかなように、

消費を決定する際には、所得ばかりではなく、

われわれを取り巻く社会環境によっても大きく影響される


たとえば、低所得の人々の間で生活すれば消費は小さくなる傾向があり、

高所得の人々の間で生活すれば消費水準は高くなる傾向がある。

これをJ・S・デューゼンベリーデモンストレーション効果とよび、

人々の消費水準は相互依存関係にあることを指摘した。





 消費関数は、短期的にみるとC=aY+b

(ここでCは消費、Yは可処分所得=手取り収入、a、bは定数を示す)となるが、

長期的にみればC=cY(cは定数)となるといわれる。

この短期と長期の消費行動の差異を統一的に説明するために、

相対所得仮説、恒常所得仮説、流動資産仮説などの理論が生まれた。

デューゼンベリーは相対所得仮説の立場にたち、

消費水準は現在の所得水準と過去の最高所得水準および

デモンストレーション効果などにより決定されるので、

消費行動は短期と長期では異なると主張する


 なお、消費の相互依存関係を示すものとしては、

このほかにヴェブレン効果とよばれるものがある。

これは、人々が生活程度の高さを誇示することを意図して、

たとえば宝石や毛皮のコートなどを購入する場合であって、

「衒示(げんじ)的消費」といわれる。


[畑中康一]




0 件のコメント:

コメントを投稿