過去の記事を検索

TRANSLATE

下級財





⇒経済学に関する本を購入するならAMAZON!!


1,下級財とは


ある所得増加に対し需要減少する

すなわち需要の変化が所得の変化と逆方向であるとき,

その劣等財または下級財という。

たとえば、ある人が所得の増加によって、

豚肉から牛肉を購入するようになったとすれば、豚肉は下級財となる

一方,需要の変化が所得の変化が同方向であれば,

上級財または正常という。


価格(値段)の下落がその財の需要を増加させる〉という

需要法則が例外的に成立しない場合がある。

それは,財が下級財で,かつその所得効果代替効果を上まわる場合であり,

このとき特にギッフェン財(Giffen goods)と呼ぶ。


マーガリン(価値が高い)よりバター(価値が低い)を好む消費者は,

所得水準が上がるにしたがって,マーガリンの購入をひかえ,

その分をバターの購入する可能性が高い。





0 件のコメント:

コメントを投稿