過去の記事を検索

TRANSLATE

二院制









1,二院制とは



国会が、わが国の衆議院と参議院のように

二つの合議体によって構成される制度で、両院制ともいう。

もっとも長い議会制の歴史をもつイギリスにその起源を有する。

11世紀、ウィリアム1世のころから、

国王の諮問機関として等族会議が開かれたが、のちに少数の高官、

大貴族よりなる常設会議とすべての大貴族を構成員とする大会議に分化し、

前者は枢密院から内閣へと発展して行政権を担当し、

後者の大会議は二院制へと発展する。

すなわち、1213年、国王ジョンが各州4人の騎士の大会議への出席を許し、

またシモン・ド・モンフォールが1265年、大貴族のほか各州2名の騎士および

各都市2名の市民代表を加えた議会を招集した。

さらに1295年、エドワード1世が招集した模範国会も、

大貴族のほか小貴族および市民代表を加えたものであった。


このように国内の各階級の参加を求めたのは、

主として課税の承諾を求める必要性からであったが、

それはイギリス固有のものではなく、

広くヨーロッパ諸国に共通の現象であった。





⇒政治学に関する本を購入するならAMAZON!!



当初大会議に出席しても討議への参加を認められなかった

小貴族および市民代表は、庶民集会を開き、

しだいに二院制への方向をたどることになった。

のちに公選による議員からなる庶民院と、世襲制の貴族を中心とする

貴族院とに分化し、民主政治の発展とともに、

19世紀前半には庶民院の優位が確立した。



 二院制議会においては第一院は公選議員によって構成され、


第二院は各国の事情によりその選出・任命の方法や地位・機能が

それぞれ異なっているが、通例、貴族院型、連邦代表型、参議院型に分かれる。

貴族院型第二院は、イギリスや明治憲法下の日本、

19世紀におけるドイツ諸邦などにみられ、

一部特権支配層を代表するものであったが、

民主政治の発展とともにしだいに第一院にその政治的実権が移行した。

連邦代表型第二院は、アメリカ、ドイツ、スイスなどにみられ、

各支邦を代表する議員によって構成され、

連邦と各支邦との調和を図ることが目的とされる。

参議院型第二院は、現行憲法下の日本、アメリカ諸州の上院などがその例で、

第一院と選出方法を変えることによって

第一院に代表されない国民の意見や利益を議会に反映することを目的とする。


 二院制は一院制に比してより広い民意を代表し、

慎重な審議を期待しうる点に特色があるとされる。

[山野一美]

0 件のコメント:

コメントを投稿