過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第4章その7








その6←ここをクリック





こうして僕は今、駅のホームにいた。
 
しかしどこに行くのか

こちとら、二駅分の運賃、百五十円を払っているんだ。

聞く権利は十二分にあるはずだ。

「僕らはどこに向かっているんだ?」

「行けば分かるわよ」

平木はかつての秋山先生と同様に答えをはぐらかした。


僕は別の答えを求めることにした。



「君は、あの場所が一体何なのか知りたくないの?」

「あの場所って?」

「だから、あれだよ、君が悩み部屋って言ってたあの場所だよ」

「ああ、それね」

「…別に」

返す言葉に詰まった。

「逆に羽塚くんはどうして知りたいの?」

がっかりした。

僕の考えが理解されていないことに。

誰もが経験しえないことを味わい


僕らだけがこの世界から離れたというのに


だから、言ってしまった。



「逆にどうして平木は知りたくないんだ?」

何を熱くなっているんだ?

「あの場所はこの世界の理をぶっ壊すような、

そんなところだったはずだ。」

やめろよ、知っているふうに語るのは。


「こんなことを知っているのは君と僕くらいのものだろう」

何も知らないくせに。

「もしかしたら、僕らの使命はあの場所について、

この世界の秘密について探ることなんじゃないのか?}


あぁ、まただ

また、僕は自分のためにイライラしている


平木は僕の口調に含んだわずかな怒りに

表情一つさえも変えなかったように見えた。


「ずいぶんと衝動的ね」

呆れた様子で、呆れた声でそう言った。

「羽塚くんは暗い人なのに、ある時だけ無駄に熱くなるのね

「ある時」という指示語が何を指しているのか聞こうとしたが、

それよりも前に彼女の唇が動いたので、ふと止めることにした。

しかしその時、ホームにようやく訪れた電車が平木の声をかき消した。

そして開いたドアが僕らの会話をさえぎった。

僕は降りてくる乗客もいなかったので、車内に足を踏み入れようとした。

彼女はまだホームでなびく髪の毛を抑えながら、僕の後ろからこう言った。

「だって、それを知ったところで、

私たちはここで生きていかなきゃいけないじゃない」


そうして僕らは混み合うとは名ばかりの電車に乗った。

その間、僕は緘黙になったかのように閉じた口を開けられずにいた。


続き←ここをクリック








0 件のコメント:

コメントを投稿