過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第12章その4






その3←ここをクリック







いつの間にか、平木は僕の横を歩いていた。 



「何か久しぶりな気がするな」

平木は巾着を前に手を組んで歩いている。



「ええ。もうお盆だもの」


もうお盆なのか。

そうだ、僕は本命の八月二日の都内で開催される花火大会に誘えなかった。

その花火大会は三万発打ち上げられ、一万人以上参加する大型の祭りだ。

しかし、今僕らが来ているのは二千発で、

参加数五百人程度の田舎で行われるような祭りだ。


「宿題は終わったの?」

「いや、まだ半分くらい」

「半分?今まで何をやっていたの?」

「僕だってやることがあるんだよ」

どうしてか、つっけんどんな言い方になってしまった。

平木は少し驚いたようで、その大きな目を見開き、黙ってしまった。

謝るべきなのか?

でも、彼女は気にしていないかもしれない

でも、隠しているだけかもしれない


「ごめん」


「何が?」


「いや、きつい言い方をして」


「ふっ」


平木は何を言っているんだと言わんばかりに笑って見せた。


続き←ここをクリック












0 件のコメント:

コメントを投稿