過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第2章その13





その12←ここをクリック



「でもその正しさの潔癖が君を苦しめてしまった。

それは母親として気づけなかった彼女の責任だ。」


「だったら何?母に不満をぶつけろって?

そうすれば一体何をしでかすか、他人のくせに偉そうに言わないで!」


正直怖かった。心臓がばくばく言って、今にも飛び出しそうで、

でも抑えきれない。

自分に酔っていたのかな。

熱くなりすぎてもうそんなこと忘れてしまった。


「例え自分を育ててくれた親であろうと、

間違っていると思うのなら否定するべきだ!

ただ怒りや思いをぶつかるんじゃなく、丁寧に、論理的に。

そうすることでしか君の意志は主張できないだろう。」


「刃物を使う可能性があるのなら、隠しておけばいい。

君ももう十五歳だ。母親に力負けすることはないだろう。

暴力で向かってきたら、止めることは出来るはずだ

もしそれでも不安なら、僕がついていく。」


「いや、でも...

いつのまにか僕は立ち上がっていた。

「君は二度、屋上から飛び降りたんだ!

それが君にとって、母親にとってどれほど重大か分かっているのか!?

とことんぶつけるしかないだろう。

そこまでしなければならないことなんじゃないのか?この問題は!

ここまで叫んだのは生まれて初めてだ。

喉が痛いし、頭もクラクラする。

きっと僕も悩んでいるんだ。

まだ人生の折り返し地点にも達していない

十五歳の僕が考えた論理は果たして正しいのかどうか。

いや仮に正しくなかったとしても、

今はそれよりも彼女が

自分という存在が無いという認識を勘違いだと分からせる必要があるんだ

どんなに気を遣おうと、どんなに操られていようと、

自分がいないなんてことはあり得ないんだ。

きっと自分という人間の価値を小さく、小さくしすぎて無くしてしまったのだろう。

だから、自分が無いと錯覚してしまう。

だから、悲しくなる。

続き←ここをクリック







0 件のコメント:

コメントを投稿