過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第4章その15





その14←ここをクリック





風呂掃除を終えた僕は自分の部屋に戻り、ベットにダイブした。

……疲れた。高校生になって約一ヶ月半、目まぐるしいほどの変化に

心も体もおもしが乗ったように背負ったものの重圧を感じる。

はみだすわけにはいかない

変化していく日常に溶け込み、普通にならなければならない

僕は鞄にしまった、買ったばかりの世界史の教科書を手に取った。

内容は小難しい文章で頭に入ってこない。

それより気になったのは教科書が新品のように綺麗なことだ。

しかし、これは誇れることじゃない

疲れた体を起こして、机に向かい、世界史の問題集を開いた。

尖らしたシャーペンの芯がなめらかにノートの上で踊る。

今日はずいぶんと調子がいい。

カッカッカッカッ、ペンを走らせる音だけがこの部屋の静けさを

満たしてくれていく。

なぜだろう?

分からないな。

とりあえず、踏み込もう。

知ることはいつも怖い。

でもその怖さのなかにも喜びがあることを僕は知っているはずだ。

そうだ、月曜日に平木に会ったら教えてやろう。

作曲家モーツァルトは好きな女の子に下ネタとか排泄物を

ジョークの種にする変態だったって。



次章←ここをクリック





0 件のコメント:

コメントを投稿