過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第7章その9






その8←ここをクリック





買い出しを終えた僕らは、昼食を取ることをした。

周りを見渡すと座席には僕たちと同じ、高校生の男女二組ばかりだった。

そういえば、西山と二人で遊んでいるなんてクラスメイトにバレたら

僕は明日からどんな目に合うんだろう?

約二時間ほど歩き回ったせいか座ると、急に眠くなってきた。

血圧が下がったのかもしれない、ついでにテンションも。


「もう~、羽塚くん、買い物付き合うの初めて?」

メニューとにらめっこしていた西山が何だか不服そうにしていた。

「何で?」

「だって、全然興味なさそうだもん」

「そうだなぁ。買い物なんてろくにしたことないな」

「服とか買わないの?」

「まぁ、引き出しにある服を適当に着るだけかなぁ」

「へぇ、変わっているね」

「じゃあ、女の子とデートするのも初めて?」

これをデートに含んでいいのか、いや本人が言っているからいいのか。

「いや、どうだろうなぁ」

「もしかして平木さんと?」

「何で西山って平木を意識してるの?」

それまでのにこやかな顔面食らった顔に変わってしまった。

まずいことを聞いたか、一瞬血の気が引いた。

「えっ、そんなことないよ〜」

「そっか。なら、いいんだけどさ」

何か隠しているような口調だ。

気になるが、聞き出すのも悪いし、まだ食事も届いていないのに

しばらくの沈黙が二人の空気にとどまっていた。


「実は私と平木さん、同じ中学だったんだ」

気まずくなったのか、悪いと思ったのか、西山は衝撃の事実を僕に告げた。


「そうなの?」

「うん。三年の時、同じクラスだったんだ」

「その時から、あんなに口が悪かったのか?」

「どうだろ?平木さんがクラスメイトと話しているの見たことないから。

いつも一人でいるみたいだったよ」

何だか気の毒そうに聞こえた。

それは平木だけじゃないはずだ。

僕だって、中学や高校になって一人で過ごす時間の方が多くなった。

でも、それが他人に同情されるものほどのものなのかと問われれば、違う気がする。

一人でいることはそんなに悲しいことなのか

まるで心臓を軽く握られたように感じた。


「だから、羽塚くんはすごいと思うよ。あの平木さんと仲良くなれるなんて」


褒めているのだろうか。

しかし、西山は僕の質問には答えていない。

僕はなぜ平木を意識しているのか、と聞いた。

同じ中学だったからって、意識する理由には少し弱い。

これ以上聞くのも億劫だったので、頼んだクリームソーダを口に含んだ。

西山も先ほど頼んだオシャレなワッフルを食べていた。

僕らはきっと理由もない沈黙に耐えられなかったのだ。



続き←ここをクリック







0 件のコメント:

コメントを投稿