過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第11章その14





その13←ここをクリック




それから二時間ほどして西山は先生に用事があるらしく、

教室で別れを告げて、職員室に向かっていった。

僕は特に学校に用事もなかったので早々と教室から去り、

下駄箱で上履きから靴に履き替えた。

校門に向かい、グランドを見ると、陸上部が馬鹿みたいに走っている

今日の最高気温はたしか35℃近く、人と抱き合っている方がまだ涼しい気がする。

こんな中、見えない何かに押されるようにひたすら走っている


そこには先ほど下駄箱で話しかけてきた少女もいた。

どうやらこちらに気づいたようで、ずっと僕の方を見ている。

彼女が一人になったところで、僕は声をかけた。


「小嶋さんだっけ?」

この子からは声をかけられた驚きや緊張がみじんも感じられない。

まるで僕を待っていたような態度だった。


「何か言いたそうね?」


「西山は誰にでも優しい奴じゃないよ。

昔はそうだったかも知れない。

でも、最近は笑った顔が作ったものじゃない気がするんだ。

嫌いな奴には嫌な顔をするし、

少しずつ良い子から離れていこうとしてるんだ」


先ほどの彼女同様、他人に対して断言してしまった。

「…と思う。わからないけど」

わずかな罪悪感を感じたので、訂正しておいた。

頭をかいて、下を見ていたのでわからなかったが、


彼女はくすりと笑っていたように見えた。



「君はきっと特別だよ」



続き←ここをクリック




0 件のコメント:

コメントを投稿