過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第11章その2





その1←ここをクリック




「明日から夏休みね」

平木は筆箱を鞄にしまいながら、確認事項を言った。

そうだ、夏休みだ。

四か月ほどの初めての高校生活が終わり、

今日で三者面談を除けば、学校に来る機会はない。


夏休みが始まる前に言わなければ、、、、

「ひら…」

「じゃあ、ホールルームを始めるぞ」

秋山先生が小走りで教室に入って、教卓に立った。

これで、何度邪魔されたことだろう

先生は汗じめた顔でホールルームを始めた。




「今日で一学期が終わって、これから夏休みに入る。

君たちにとっては高校初めての長期休暇になる。

遊ぶのも結構だが、当然すべての科目に宿題が出ると思う。

休息と勉強のバランスを計画して決めなさい。

大人に近づくほど自分の選択が重く、多くなってくる。

その癖をこの機会に付けてほしい」


秋山先生はさらっとこういうことを言う。

妙に迫力のある言葉遣いと、

一体どこから学んだかわからない教訓を僕らに教えてくる。


「あと、三者面談の日程と時間をしっかり確認しておくように。

僕からは以上だ」

そう言って、西山と新田に任して、教室を去っていった。


「じゃあ、宿題があるから一番前の人、取りに来て~」

最前列の人が教卓に行って、宿題のプリントを取りに行った。

まったく、最前列と最後列は何かと手伝わされる。

すべての科目に宿題があるようで、すごいプリントの数だった。

まだ手元に来ていないが、もうやる気を失ってしまう。


続き←ここをクリック




0 件のコメント:

コメントを投稿