過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第9章その9






その8←ここをクリック




平木と話をしたかった。

教室の扉を開けると、もう半分くらいは終わっているようだった。

平木は相変わらず、たくさんの人に囲まれている。




「平木、先生が呼んでいるよ」


この状況で話しかけるのは億劫だったが、気をつかうのも何だか癪だった。


「わかった」


そう言って、長い黒髪をなびかせながら、教室を去っていった。

みんな、彼女について、楽しそうに話している。

何だか最初に平木が僕にした仕打ちを話してやろうかと思った。


馬鹿だな、僕は。

彼女には、僕の右隣の他にも居場所があって、あれほどの容姿と才能があれば、

そりゃどんなコミュニティでもやっていけるのだ。

それが当たり前で、平平凡凡たることなんだ。

無意識のうちに平木に貸しがあると思っているのかもしれない。

心のどこかで見下していたのかもしれない、彼女にはコミュ力がないと。

でも、それは僕なんだ。

自分にコミュ力がないから、それを憧れている平木に映し出して、

自分の欠点を平木のものと思い込んでいたんだと思う。


「羽塚、ちょっといいか?」


昨日と同様、やることもないまま、

みんなが頑張っているのをばれないように見ていると、誰かが話しかけてきた。

振り向くと、小西だった。

こいつはサッカー部所属で、かつて、平木に日直の仕事を押し付けたクズ野郎だ。

特に仲がいいわけじゃないが、こいつだけは自分より下であると認識してしまう。


「お前、西山のこと狙ってるのか?」

最近は驚くことばかりだったが、これほどの衝撃は初めてだ。

一瞬、小西と目を合わせることができなかった


続き←ここをクリック




0 件のコメント:

コメントを投稿