過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第12章その12






その11←ここをクリック




八月二十日、セミの鳴き声と猛暑が衰え始めてきた頃、

僕は自室で宿題を進めていた。

夏休みも残り二週間を切り、

僕は今までため込んでいた課題の代価をこの三日間、

徹夜によって払わされていた。


しかしその甲斐もあってか、半分近い量の課題を片付けることができた。

睡魔と達成感に溢れた僕の脳はアドレナリンが放出していたらしい

このまま全ての宿題を終わらせることを決意した。

しかし八割方終わったところで、集中という糸がブチブチと切れ始めた。

ペンを動かそうにも脳が命令できなかった。


これは気合や根性でどうにかなる問題じゃない。

あともう少しと分かると手を抜く、僕の悪い癖だ。

三日ぶりにたっぷり寝ようか迷ったが、残り10日の夏休み。

できることなら、有意義に使いたい。


学校の宿題なんかじゃなく、僕の悩みを解く、そんな場所が。

あるわけないか。

僕は悩み部屋なんて作れない。

あれを作り出せるのは、おそらく綺麗で可愛くて、哀れな女の子だけだ。

女の子か...美術室に行こうと思った。


続き←ここをクリック












0 件のコメント:

コメントを投稿