過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第13章その2






九月一日、僕は一ヶ月半ぶりに朝のホームルームを受けていた。

久々に座った最後列の窓際の席は何だかしっくりこないが、

教師から離れている分、まだ夏休み気分を味わえた。

秋山先生は壇上で話をしていた。

「みんな、久しぶり。充実した夏休みを送れたか?


まぁ、それはともかく秋学期は忙しくなるぞ。

一ヶ月後には文化祭、中間テスト、球技大会、

イベントが盛りたくさんだ」

さっきまで緊張感のあった雰囲気が

「文化祭」や「球技大会」といったワードが出てきて、

少し和らいだように感じる。

秋山先生が教壇から去り、束の間もしないうちに一限目が始まった。

数学Aだった。

関原先生が数学を己の個展を開いた芸術家のように、

話すそぶりをしている。

僕は外の景色を見ていた。

いつもなら右隣の席ばかり気にしているのに、

花火大会以来、僕らの間には言葉をつっかえさせる、

壁のようなものが生まれた気がする

怠惰も通り過ぎれば、何だか虚しくなってくる。

話しかけることができなかった。

受話器が外れた電話機のように

僕の右隣には平木という少女の存在が見えるだけで、

話しかけることができなかった。





0 件のコメント:

コメントを投稿