過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第1章その3












僕の右隣の席の少女、平木尊、以前そこは空白だった。


僕がこの徒歩十五分で通う高校に入学してからちょうど一カ月。

その間に、この席を座った者は誰もおらず、まさに前人未到の座席だった。

しかしこの座席に触れる機会は何度かあった。


といっても、僕が先週と昨日、


掃除係になった時に床を掃除する為に移動させた瞬間だけだ。



…いや、思い返せばまだあった。


入学式から一週間程度は、学校に関するアンケートや親に渡すプリントが


それこそ山のように配られたので、隣の席の僕は彼女のプリントを整理するために、


机の中をまさぐったことがある。


いや、この言い方は何やら語弊がありそうだな。


しかし、これだけ触れていようとそこに生気というか


本来なら人がいるという事実を一向に感じることが出来なかった。

神聖なものなのか禁忌的なものかもしれない。


そのせいかここからは人の気配というものは全く感じられず、


僕の中で右隣の机はまるで置き物のように変わっていって、色あせた気がした。


まぁ、誰も座っていないんだから、それが当たり前なんだろうけど。

 それが今では、彼女の席には本来あるべき形になっている


続き←ここをクリック






0 件のコメント:

コメントを投稿