過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第1章その10









右隣にいるべきはずで、

今そこにいる平木が表情筋が

完全に固まったような真顔のお手本のような顔で

僕の方を注視していた。



じーっと、僕の顔を見ている、いや睨みつけているのか。

気づいて、もう20秒くらい経っている。

のに、彼女顔は最初の表情から寸分違わなかった。


...こ、こわいな。



ただでさえ、顔のパーツがくっきりしている分、

真顔で見られると威圧感というか、

息苦しいほどの圧迫感を感じる。



まるで西洋絵画に描かれた美女に睨まれているようだ。




無言だ。

ここまで見られて、何も話しかけられないのは、

人生で一度あるかないかだと思う。




...ぁ」



全く表情を変えなかった彼女の顔に変化がみられた。


唇が少し動いた。


彼女はようやくその重い唇を開けたのだ。

話すのか?僕に話しかけるのか?



「ここの範囲ってもう終わったかしら?」


「えっ、えっ~と、そこは確かやってないはずだよ。」


初めて彼女の声を聞いた。


とても軽く、しかし何かを抱えているかのような重みのある声だった。



ちなみに平木の質問に答えたのは、僕じゃない。


ちなみに聞かれたのも、僕じゃない。


まさか平木は僕ではなく、平木の席から見て、


右にいる女の子に聞いたのだ。



さっきのガン見はいったい何だったんだ!?




 僕の意識が右隣の座席ではなく、

右隣の彼女へと変わっていったことに

この時の僕はまだ気づいていなかった


続き←ここをクリック

0 件のコメント:

コメントを投稿