過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第6章その8





その7←ここをクリック




いやよくよく考えれば、西山を憧れることはない。

あんな体験をしたのは世界中探しても僕一人だろうし、

僕の方がすごいんじゃないのか?


いや、自慢するようなことではないことはわかっている。

僕は一ヶ月ほど前、誰にも言えないようなぶっ飛んだ体験をした。

悩み部屋だ。

日々の忙しさで忘れていたが結局、平木と屋上で行った以来

何の手がかりも得られずにはや一ヶ月が経ってしまった。

あれからも特に変わったこともなく、平木も悩み部屋について何も言わないので

僕も出来る限り興味を持たないようにしている

彼女の過去や家族のこと、その他もろもろ一向に聞けない状況にある。


当の本人が触れていないのに、僕がつつくのもおかしいし、失礼だろう。

それにできることなら、あの時の自分の行動はあまり思い出したくない。

僕は人に自分の意見を押しつけるのは好きじゃない。

自分の考えが人前で正しいと言えるほど、立派に生きてきたつもりもない。

それでも時々、自分がすごい人間だと錯覚してしまう時がある。

いや、錯覚してしまいたくなる時がある。


きっと何も持っていない自分がまた嫌になりそうだから。

僕は布団にうずくまり、早く朝が来ることを待った。



続き←ここをクリック







0 件のコメント:

コメントを投稿