過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第8章その14







その13←ここをクリック





何とか課題だけ終わらせて、

何もしない日曜日が終わりかけている。


布団に入ったが、まぶたが自然に閉じることはなかった。

疲れていないのだろうか。

昨日は、あんなことがあったというのに。

時計針のカチッ、カチッ、という音だけが僕の頭をぐるんぐるんと回っている。

今日は隣家の猫の鳴き声は聞こえない。

下のテレビの音も聞こえない。





あぁ、暇だ。

いつ失うかわからない意識をじっと待っているのは、さすがに耐えられない。


私は裏切ったんだ。大事な親友を」


僕の退屈な意識に、昨日の西山の言葉が浮かび上がった。

西山がその親友に一体なにをしたのか?

その親友はどこでなにをしているのか?

僕も気づいていないだけで、たくさんの人を裏切ってきたのだろうか?

それなら、今までそのことに気づかずに生きてこれたのだろう?

もしかしたら、僕は嫌な奴なのか?



ああやって、自覚している西山の方がいい奴なのかもしれない。




「ありがとう」




今度は昨日の平木の言葉が浮かび上がった。

あぁ、嫌だ。

早く寝るために、布団に被った。

自分の嫌なところをくるんで捨てられたらいいのにな。

気づけば、眠っていることに気づけないまま、僕は布団にくるまれていた。



次章←ここをクリック





目次←ここをクリック



0 件のコメント:

コメントを投稿